鉄道マニアのあこがれ?超爆音の列車の警笛を取り付けてしまった自転車

このエントリーをはてなブックマークに追加



どんなに鉄道が好きでも自分の列車を走らせることはできませんが、列車の警笛付きの自転車なら可能になりました。

Bike horn louder than Concorde Orange UK

この自転車、「The Hornster」を作ってしまったのはイギリスのエコ系の保険を中心とするサービス会社Environmental Transport Association(ETA)。都市部の路上での自転車ユーザーに降りかかる危険について光を当てるために開発したとのこと。これさえあれば我が物顔のドライバーたちに存在を知らせ、注意をうながすことができるようになります。欧米のエコ派はさすがというか相変わらずというかやることが過激です。




当然ながらこの警笛、ものすごい音がします。どれくらいの爆音かというと、なんと178db。普通のトラックのクラクションが100db程度で、F14の離陸時の音でさえ140dbということなので、とにかくすさまじい音量。実際に日本の街中で鳴らしたらきっと大迷惑になるので注意して下さい。

警笛を鳴らしている動画は以下から。もちろんYoutubeでは実際の音量は再現できていません。


この自転車、どうやら今後実際に販売されるようですが、4,995ポンド(約64万円)と中古車が買えてしまいそうな値段。

The Hornster World’s loudest bicycle bell is noisier than Concorde ETA

あなたは鉄道への愛でこの「The Hornster」、買えますか?

・関連記事・関連記事
永久にリザーブできるグリーン車席などの入ったJR西日本の変わり種福袋、開始1分で完売 BUZZAP!(バザップ!)

ついに「撮り鉄」が東海道新幹線を止める、乗客1万人に影響 BUZZAP!(バザップ!)

自転車とDJブースを融合させるデバイス「Turntable Rider」 BUZZAP!(バザップ!)

エンジンを背負った鳥人間「ジェットマン」がジェット機と一緒にアルプス上空を飛行 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加