NTTドコモが本日スマートフォン5機種を電撃発表へ、Huawei製の高性能モデルも

このエントリーをはてなブックマークに追加



NTTドコモが本日、スマートフォンの新機種5機種を発表することが明らかになりました。

なお、上記写真はイー・モバイル向けに発売されているHuawei製スマートフォン「GS03」です。



ドコモ、中国製スマホを日本投入 世界最速!わずか5秒で起動 - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、NTTドコモが本日、スマートフォン5機種を追加発表するそうです。

中には今年1月にHuaweiがグローバル市場向けに発表したスマートフォンをモバイル放送「NOTTV」に対応させるなど、日本市場向けに改良したモデルが含まれており、中国製スマートフォンがラインナップされるのはNTTドコモ初とのこと。

また、同モデルは下り最大75Mbpsの「Xi」に対応するほか、通常30秒前後かかる電源OFFからの起動時間を世界最速水準の5秒に短縮しています。

Huawei製の高性能スマートフォンについては、すでにイー・モバイルが「GS03」を国内向けに発売していますが、安価であるにもかかわらずデュアルコアCPU「OMAP4460(1.5GHz)」や4.3インチQHD(960×540)スーパー有機ELディスプレイを搭載しており、快適な使い勝手を実現。

NTTドコモが発売を予定しているHuawei製スマートフォンについても、24ヶ月利用時の実質価格が1万円台になると報じられているため、高コストパフォーマンス・高性能を武器に大きな存在感を発揮することとなりそうです。

・次の記事
NTTドコモが「SH-01E」「HW-01E」「GL-01E」「N-08D」「SC-01E」発表、全機種Xi対応 | BUZZAP!(バザップ!)


・関連記事
NTTドコモがWindows Phone 8搭載の「T-01E」「NK-01E」「SC-04E」発売か | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が永年無料化、今後半年でスポット数を約4倍に急拡大へ | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」がNTTドコモ公式ページから消滅、発売からわずか1ヶ月で | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが下り最大112.5Mbpsに「Xi」を高速化へ、プラチナバンドでLTE展開も | BUZZAP!(バザップ!)

今さら聞けない「3G」「4G」「WiMAX」「LTE」「AXGP」「DC-HSDPA」「HSPA+」とは? | BUZZAP!(バザップ!)

通話もテザリングも定額で月額5195円、「GS03」は「WX04K」よりお買い得か | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットに用いられる機器を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加