サドルもペダルも無い革新的すぎる自転車「FLIZ」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加



自転車というとサドルにまたがりペダルを漕ぐことで運転するのが普通ですが、そのどちらも付いていない、想像の斜め上をいく革新的なデザインの自転車が登場しました。


James Dyson Award | Jamesdysonaward.com

これがドイツで生まれた革新的なデザインの自転車「FLIZ」。乗車する際は、フレームに取り付けられたベルト・システムによって身体を宙吊りにします。そして自らの足を使い「歩き、走る」ことで推進するというわけ。



実際に人が乗車するとこうなります。不自然な前傾姿勢がちょっと辛そうです。



軽快(?)な乗車の様子はこちら。足で地面を蹴る感じが何だかスケボーっぽくもありますね。


特徴的なベルト・システムはパラグライダーのそれに近いようです。フレームには荷物入れを取り付けることも可能。



試作品や設定画はこんな感じです。一度は乗車してみたい気もします。





・関連記事
鉄道マニアのあこがれ?超爆音の列車の警笛を取り付けてしまった自転車 | BUZZAP!(バザップ!)

自転車とDJブースを融合させるデバイス「Turntable Rider」 | BUZZAP!(バザップ!)

中国の伝統的な道路清掃車の掃除っぷりが斜め上過ぎる | BUZZAP!(バザップ!)

露天風呂に入りながら自分の好きな場所へクルーズできるボートがシアトルに登場 | BUZZAP!(バザップ!)

都市型超小型電気自動車「Hiriko」の路上走行映像が未来すぎると話題に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加