ヒッグス粒子発見につながったセルンの大加速器「LHC」の部品はこんな感じ

このエントリーをはてなブックマークに追加



物に重さを与え、質量の起源と言われる「ヒッグス粒子」を今年7月に発見したことで世界を沸かせた「欧州原子核研究機構(CERN)」。

発見には同機構が有する世界最大の「大型ハドロン衝突型加速器(Large Hadron Collider、略称LHC)」が一役買っているわけですが、その部品が公開されました。



10月2日から幕張メッセで行われている国内最大級の家電の見本市「CEATEC JAPAN 2012」の京セラブース。


「大型加速器を支えるファインセラミックス」として、LHCに採用されている同社の部品が展示されています。


真空装置用メタライズ部品




サファイアでできたのぞき窓なども展示。




こちらはセラミックチャンバーと呼ばれる部品です。



なお、LHCはフランスとスイスの国境をまたぐ地下約90メートルのトンネルに設置された直径約27キロメートルにおよぶ巨大な環状加速器で、京セラのファインセラミックスは物理・電気・熱的特性に優れることから採用されています。


・関連記事
鈍器のような重量感の携帯電話も、京セラの海外向け端末いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

まさに栄枯盛衰、携帯電話メーカー各社のシェアを2001年から振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

「天野喜孝の絵柄で描かれたラムちゃん」など、日本各地で無茶振りに応える猛者が続々登場中 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加