NTTドコモがスマートフォン新機種を削減へ、「NEXT」「with」の統合も



NTTドコモが2013年度からスマートフォンの新機種を削減する意向であることが報じられました。



ドコモ、新機種2割減-来年度、スマホ選びやすく:日刊工業新聞

日刊工業新聞社の報道によると、NTTドコモは2013年度に投入するスマートフォンの新機種を1~2割削減し、「NEXT」「with」シリーズを統合することも検討しているそうです。

これは冬モデルからスマートフォンの本格展開を始めた2010年度に11機種、2011年度に34機種、2012年度に29機種とラインナップを豊富に展開してきた戦略を見直すもの。

社内にも「機能性やデザインが似たスマートフォンが多い」という意見があったことから、ラインナップを絞り、各端末の特徴を引き出してブランド力を高め、ユーザーが選ぶ基準を明確に示して購入促進につなげるとしています。

かつて高機能やデザイン重視、ビジネスユーザー向けなどのカテゴリー別に「PRO」「PRIME」「STYLE」「SMART」「スマートフォン」というシリーズを導入し、今ではスマートフォンを「with」「NEXT」、フィーチャーフォンは「STYLE」として展開しているNTTドコモ。

しかしながらスマートフォンではシリーズにほぼ関係無くLTEサービス「Xi」が導入され、withシリーズであってもクアッドコアな「ARROWS V F-04E」が登場するなど、シリーズを分ける明確な線引きが薄れ、意味をなさなくなってきた感があったのが現状でした。

さらに「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」「AQUOS PHONE sv SH-10D」など、同じメーカーからスペックがほぼ変わらない上に発売時期も似通ったモデルが展開されるなど、開発を手がけるメーカー側の負担も決して少なくなかったことは想像に難くないため、新機種数の削減が良い結果につながることを期待できそうです。

・関連記事
NTTドコモが5年ぶりで過去最大となる「純減」を記録、危機感を募らせざるを得ない内訳に | BUZZAP!(バザップ!)

まさかの「ドコモ版iPhone 5」登場か、AppleがFOMAプラスエリアでも技適を通過させる | BUZZAP!(バザップ!)

「文字が打てない」など怒りの声も、spモードメールがアップデートで大炎上中 | BUZZAP!(バザップ!)

国内最速となる下り最大112.5MbpsのLTEをNTTドコモが開始へ、「Xiフェムトセル」でエリア拡大も | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモやauと逐一比較してLTEなどの優位性を主張するソフトバンク、実際のところはどうなのか | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 13発売後も続行へ、「iPhone 12 mini」も格安に
  2. Xiaomi「POCO F3」再び値下げ、10万円級の性能が価格1/3でiPhone 13 Pro Maxと同じ大画面120Hz有機ELや立体音響、大容量バッテリー、液冷機構搭載の格安スマホ
  3. iPad Air対抗の新型タブレット「Teclast T40 Plus」1万円台に値下げ、8GBメモリや4スピーカー採用でゲームや動画視聴、カーナビ用途など大活躍
  4. 「iPhone 13」はauにMNPして基本料0円の「povo 2.0」契約が最安に、ドコモやソフトバンク、楽天モバイルと比べてみた
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」大幅値下げで2万円台の格安スマホ決定版に、120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー採用のハイエンドモデル

モバイルに関連した楽天商品ランキング