ソフトバンクモバイルが衛星携帯電話事業参入、日本のエリアカバー率は100%に

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクモバイルが同社初となる衛星携帯電話サービスを展開することを発表しました。



衛星電話サービスの提供について | ソフトバンクモバイル株式会社

ソフトバンクモバイルのプレスリリースによると、災害に強い携帯電話サービスの提供を目的とした同社初の衛星電話サービスの提供を2013年2月以降に開始するそうです。

これは東日本大震災当時、伝送網の復旧活動やユーザーへの暫定的な通信サービスの提供において衛星通信が大いに活躍したことを受けたもので、非常時でも常に利用できる衛星インフラを利用した通信手段の確保とサービスの提供を検討してきたとのこと。

提供する衛星電話サービスはアラブ首長国連邦の「Thuraya Telecommunications Company(スラヤ テレコミュニケーション カンパニー)」が提供する衛星通信設備を利用するとのこと。スラヤのサービス提供エリアは、北南米などの一部の国と地域を除く全世界で、電波天文台が使用する電波との干渉回避に伴い、利用を制限するエリアがあるものの、日本のエリアカバー率は100%になるとされています。

・関連記事
NTT特注仕様の「災害対策用小型衛星通信地球局」「ワイドスターII」など、衛星通信機器いろいろ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが海上保安庁の巡視船に携帯電話の基地局開設へ、災害時に海上から通信を復旧 | BUZZAP!(バザップ!)

太陽光発電パネル無償設置・売電額還元・通信割引の「おうち発電プロジェクト」をソフトバンクが開始、ただし10年縛り | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク回線対応の「GL05P」をイー・モバイルが発売へ、ただし「4G LTE」は利用不可 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加