「Xperia AX SO-01E」でおサイフケータイを利用できないケース発生、対応策は「かざし方を変える」のみ

このエントリーをはてなブックマークに追加



「特定のエリアで強制再起動する」「タッチパネルが正常に作動しない場合がある」などの不具合が発生していたNTTドコモの「Xperia AX SO-01E」でおサイフケータイが利用できないケースがあることが明らかになり、対応策が公開されました。



「docomo with series Xperia AX SO-01E」ご利用上の注意

NTTドコモの公式ページに掲載された「Xperia AX」ユーザーおよび購入検討者向けの告知ページによると、同モデルでおサイフケータイが利用できない場合があることが確認されたそうです。これは端末と読み取り機の相性によって発生することが確認されたもので、利用する店舗やサービスによって発生する場合があるというもの。

公開された対応方法はこんな感じ。「読み取り機に接触した状態で読み取りを行う」「横方向にスライドさせるようにかざす」「上から素早くかざす」の3パターン。3つ目は読み取り機にぶつけてしまう可能性があるため、取り扱いに十分注意するよう告知されています。


読み取り機器との相性問題であるとされているため、ソフトウェアアップデートで対応できる類のものではなさそうですが、だからといって駅の改札や混雑しているレジなどで何度もリトライすることになるのは非常に困りもの。とりあえずXperia AXユーザーは自分なりに「最も認識率の高いかざし方」を模索する必要がありそうです。

・関連記事
5インチフルHDのXperia、Galaxy、Optimusシリーズが続々登場へ、HTCやシャープに続いて | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモが5年ぶりで過去最大となる「純減」を記録、危機感を募らせざるを得ない内訳に | BUZZAP!(バザップ!)

「文字が打てない」など怒りの声も、spモードメールがアップデートで大炎上中 | BUZZAP!(バザップ!)

フルHD液晶搭載の「究極のXperia」登場か、コードネームは「odin(オーディン)」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加