UQ WiMAXが年内に都営地下鉄全線で利用可能に、全国の地下鉄・私鉄地下駅カバーも進行中



携帯各社とは若干異なる形で地下鉄のエリア整備を進めているUQ WiMAXが都営地下鉄新宿線全線で利用できるようになりました。



UQコミュニケーションズのプレスリリースによると、一之江駅、瑞江駅、篠崎駅、本八幡駅の整備をもって新宿三丁目駅~本八幡駅の20駅間のエリア整備が完了し、一部を除く都営地下鉄 新宿線全線でWiMAXサービスを利用できるようになったそうです。

また、同じくエリア拡大を完了した三田線や浅草線に続いて、豊島園駅~中井駅間での整備を終えている大江戸線の各駅についても2012年内の順次サービス開始を目指してエリア整備を進めていくとしており、押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く都営地下鉄各駅でWiMAXが利用できるようになるとのこと。

なお、UQ WiMAXは東急・京急・京阪・名鉄といった私鉄地下駅のエリア整備も進めているほか、福岡市地下鉄や横浜市営地下鉄、仙台市地下鉄に続いて大阪市営地下鉄でも平成24年度中に御堂筋線や四つ橋線を中心とした主要駅をカバーし、その後早ければ平成25年度中に全線全駅を整備する計画としています。

ここで使える!地下鉄・地下駅|UQ WiMAX - ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット


UQ WiMAXが行っている地下鉄エリア整備の一例。ホーム両端にアンテナを取り付け、電波をトンネル内に送る「吹き込み」という方法を用いたものです。


・関連記事
「au 4G LTE」「UQ WiMAX」の基地局併設について、気になるところを聞いてみた | BUZZAP!(バザップ!)

UQ WiMAXが全国エリアカバー完了、基地局整備の大幅前倒しや黒字化、「WiMAX 2+」への展望も | BUZZAP!(バザップ!)

WiMAX vs LTEが今度はボクシングに、ガッツ石松解説でいろいろギリギリなプロモ動画の第2弾公開 | BUZZAP!(バザップ!)

「UQ WiMAX」からAXGPと同じTD-LTE互換の「UQ WiMAX 2+」へと至る流れを振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 「Xperia 1 Ultra」開発中か、240Hz表示対応の大画面すぎる4K有機ELディスプレイ搭載など10年ぶりの「Ultra」に
  2. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に
  3. 1万円の8インチタブレット「Alldocube Smile 1」大幅値下げ、カーナビ代わりにも使える人気の超格安SIMフリーモデル
  4. 【悲報】Galaxy S23の「高性能版Snapdragon 8 Gen 2」サムスン製造か、まさかのTSMC外しで発熱問題に懸念も
  5. 【速報】「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット

モバイルに関連した楽天商品ランキング