食器でダイエット?食べ過ぎをブルブル振動して警告してくれるフォーク「HapiFork」

このエントリーをはてなブックマークに追加




食事制限や運動でのダイエットはたくさんありますが、なんと食器でダイエットができるようになりそうです。

今回開発されたHapiForkは、食事を早く食べ過ぎると振動と光で警告をしてくれるフォーク。よく早食いは太るし健康に悪いと言われますが、このフォークはそれを防ぐのに役立ちます。


開発したHAPIlab社によると、人は通常食事を始めてから20分ほどで満腹感を感じるといいます。なので早食いを警告して20分間に食べる量を減らすことで、全体の食べる量を減らし、ダイエットに繋がるということ。また、同時に消化不良や逆流性食道炎の防止にも繋がるといいます。



「早食いをするということはちゃんと噛んでいないということでもあります。それは消化にも良くないし、体重コントロールもうまくできなくなります。HAPIforkは1分間にどれくらい食事を口に運んだか、どれくらい感覚を開けて食べているかを計算できます。」




HAPIforkは、そうしたデータをBluetoothやUSBを使ってスマフォやPCに送り、自分の食生活のクセを知ることができます。なお、ひとつ99ドル(約8700円)で今年の4月から発売開始。以下のサイトからもうじきプレオーダーができる見込みです。

HAPILABS Enjoy Your Food with HAPIfork



なんだか口うるさいお母さんのようなフォークですが、振動と光で注意された時にはたしてちゃんと我慢できるのか、精神力が試されそうですね。

満腹ダイエット (プレジデントムック dancyu)
江部康二
プレジデント社
売り上げランキング: 334



・関連記事
スプーンとフォークと箸が一体になった不思議食器「Spork Chops」 BUZZAP!(バザップ!)

【食事前グロ注意】人体のパーツ型をしたキッチン用品がキモ過ぎてダイエット成功間違いなしレベル BUZZAP!(バザップ!)

京都ラーメン最濃厚のどろどろスープ、鶏を極限まで凝縮した「極鶏」を食べてきました BUZZAP!(バザップ!)

ゲテモノ料理の名店「朝起(あさだち)」で豚の子宮やおっぱい、サンショウウオの丸焼きなどを食べてきました BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加