ふんどしまたはiPadをプレゼント、2月14日の「ふんどしの日」にちなんだキャンペーン実施中

このエントリーをはてなブックマークに追加



今日、2月14日は老若男女が褌(ふんどし)を着用する「ふんどしの日」。

百貨店のクラシックパンツコーナーがふんどしを求める客でにぎわい、その一方で商業主義を嫌う人々によって「ふんどしなんて見たくない」という声も上がる……という光景が毎年繰り広げられますが、抽選でふんどしかiPadが当たるキャンペーンが実施されています。



いまトピpresents ふんどしが当たるんだけど、残念ながらハズレた方にはiPadが当たるキャンペーン


NTTレゾナントが運営する「Goo」とふんどしの普及を目指す「日本ふんどし協会」によって立ち上げられた特設サイトによると、2月13日(水)~2月21日(木)21時にかけて、「ふんどしが当たるんだけど、残念ながらハズレた方にはiPadが当たるキャンペーン」が実施されているそうです。

これは毎日6名に抽選でオシャレなふんどしが当たるというもので、惜しくもハズレた人に対してはiPad Retina Displayモデル(16GB)が当たるとのこと。応募に当たってはTwitterで@ima_topicsをフォローする必要があります。

ちなみにふんどしの普及を目指す「日本ふんどし協会」についての解説はこんな感じ。

日本ふんどし協会は、日本古来の文化であるふんどしの普及、及び、人々のふんどしに対する理解と関心を高めること、そして快適さ伝えることを目的として活動しています。
現在、世の中の「ふんどし」に対するイメージは、古い、堅苦しい、面倒くさそう、、、など、決して親しみやすいものとはいえません。
日本の気候に合った、戦前までは当たり前に生活に根ざしていたこの文化も、いつの間にか消え去り、話題にあがることもなくなってしまいました。
そんな「ふんどし」を少しでも多くの人に親しみを持ってもらえるように、快適さを知った方が元気になり、しいては日本を元気にするために、日本ふんどし協会は日夜、ふんどし普及活動に邁進しています。
2022年までに日本人全員がふんどしを1着は持っている(1億2000万人総ふんどし化計画)
そんな時代の到来を目標としています。


また、「ふんどしの日」に合わせ、いつでもふんどしを履いた気分になれるiOS向けアプリ「ふんどしカメラ」も配信中です。


それはそうと、2月14日は何か別の一大イベントがあったような気がするのは気のせいでしょうか……。

・関連記事
オサレな男性向けパンツブランド「TOOT」に待望のXLサイズ登場、ガチムチ体型でも一安心 | BUZZAP!(バザップ!)

どう見ても大便、BEAMSブランドのオサレすぎる「unchi加湿器」がZOZOTOWNで販売中 | BUZZAP!(バザップ!)

オナラの臭いをきれいに隠せる下着内装着の消臭パッド「Flat-D」 | BUZZAP!(バザップ!)

あまりにも下半身が長すぎるように見えてしまう前代未聞のおもしろパンツ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加