大阪で無料の公衆無線LANサービスが整備決定、外国人観光客を拡大へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



大阪への外国人観光客増を狙った「大阪観光局」が新設されることが決定しました。

無料の無線LANサービス整備を進めるほか、国際会議や展示会の誘致強化も行われます。



無線LAN無料…「外国人客650万人」へ大阪観光局を新設、正式決定 - SankeiBiz(サンケイビズ)

産経新聞社の報道によると、大阪府の松井一郎知事や大阪市の橋下徹市長、大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭らが本日18日に会談し、2020年に来阪する外国人旅行者を650万人に拡大することを掲げた「大阪観光局」の新設を正式に決定したそうです。

大阪観光局は外国人旅行者に便利な無料の公衆無線LANサービスの整備や、大規模な来阪者が見込める大阪国際会議場などでの国際会議や展示会の誘致強化などを行っていく方針。外国人旅行者に対するヒアリング調査を行い、事業展開の参考にするとされています。

トップには香港政府観光局の日本地区コンサルタントだった加納国雄氏が就任し、観光局の事業主体は「大阪観光コンベンション協会」が担当。総事業費は年間7億5000万円で、府、市、経済界が2億5000万円ずつ負担するとのこと。

国内旅行をする外国人観光客にとって通信手段を確保するのはハードルが高いとされている日本ですが、公衆無線LANサービスがどれだけ充実するかによって、大きく観光客の評価が変わることとなりそうです。


・関連記事
大阪駅やヨドバシ梅田などが空中回廊で接続、階段を降りずに移動可能に | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市天王寺区長が謝罪、広報デザイナー改め「天王寺区デザインパートナー」を募集 | BUZZAP!(バザップ!)

大阪市営地下鉄が軒並み終電延長へ、3月23日(土)から | BUZZAP!(バザップ!)

東京~大阪間3290円の格安航空ジェットスターが運賃改定、北海道や沖縄方面が値下がり | BUZZAP!(バザップ!)

東京~大阪などを当日中に宅配、佐川急便が24時間集荷の新サービスを開始 | BUZZAP!(バザップ!)

無料の公衆無線LAN「MANTA」を東京メトロが開始、時刻表や乗車位置案内も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加