ラスボス感たっぷりな、動く未来型サイボーグ仏像

このエントリーをはてなブックマークに追加



仏像というと古いお寺にある古くて渋いものというイメージですが、最新の仏像アートは違います。機械的な歯車に人型ロボットを思わせる曲線美で、しかも動きます。かなりRPGのラスボスにふさわしい神々しさになってます。



韓国人アーティストのZiwon Wangさんが作り上げた仏像は白をベースにプラスチックのなめらかな質感を全面に押し出した仏像。そして対照的に台座や光背は歯車や金属部分をむき出しにして仕上げられており、人間らしさと機械らしさのコントラストが引き立っています。






仏像が動いている動画は以下から。短いですが雰囲気は伝わります。

buddha z in steel lotus from londonart on Vimeo.



ただ、どうしてもChris Cunninghamの監督したBjorkの「All is Full of Love」のPVに似ているように感じられてしまうのだけが気になりますが…。


見仏記 (角川文庫)
見仏記 (角川文庫)
posted with amazlet at 13.03.13
いとう せいこう みうら じゅん
角川書店
売り上げランキング: 54,701



・関連記事
思わず目が離せなくなる、別の宇宙に迷い込んだようなペトリ皿アート BUZZAP!(バザップ!)

ここはホグワーツ?画像の切り貼りだけで作られたシュールで奇妙な世界 BUZZAP!(バザップ!)

悪夢に出てきそう、サイバーパンクな空中浮揚ヒューマンビートボックス動画 BUZZAP!(バザップ!)

これぞ透明人間、ボディペイントで光学迷彩のように風景と一体化するアーティスト BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加