雪印の塩味ヨーグルトドリンク「アイラン」は水っぽすぎる味でした

このエントリーをはてなブックマークに追加



一時期清涼飲料やキャラメル、スイーツに塩味をつけるのが流行しましたが、トルコのアイランは昔からトルコ人に親しまれる塩味のヨーグルトドリンク。トルコ料理によく合うのですが、この度雪印メグミルクがアイランを発売したのでトライしてみました。

ヨーグルトと塩味というのは日本人には馴染みが薄いですが、インドや中近東ではスープやソースとしてよく使われています。トルコのアイランはその中でも塩味をつけたヨーグルトをそのままドリンクにするというストレートなもので、トルコの気候とも料理ともよくあって旅行者にも人気です。

さて、このアイランを雪印メグミルクはどのように再現したのでしょうか。


ヨーグルト発祥の地と言われて食文化にもしっかり根付いているトルコ。この認識は間違いありません。ヨーグルトに水と塩を加えて作ったのがこのアイランというのも問題ありません。


原材料名を見ると生乳と乳製品、そして食塩。


グラスに注いでみると色はカルピスより濃いくらいの白色。薫りはほんのりヨーグルトです。


ただし口に含んでみると、どうにもヨーグルトのパンチが足りません。ヨーグルトの味にしっかり塩味が乗っているから美味しいのに、これでは塩水にヨーグルトを垂らした程度にしか感じません。ただなんとなくしょっぱい中に中途半端なヨーグルトの薫りが残るだけで満足感はなし。これは非常に残念な結果。

本当はとても美味しくてトルコ料理に合う飲み物なので、ぜひこれを飲んだだけでアイランを嫌いにならず、トルコ料理屋に行った時に本物にチャレンジしてみてください。

・関連記事
ミスタードーナツがよりおいしくリニューアル、素材や油、グレーズを大幅刷新へ BUZZAP!(バザップ!)

チェリオご乱心?なんちゃってドリンクシリーズが止まらない BUZZAP!(バザップ!)

出オチ感が満載過ぎる「無炭酸コーラ乳酸菌飲料」試飲レビュー BUZZAP!(バザップ!)

いなばの新作「いなばとりそぼろとバジル」は本場のタイガパオご飯の味でした BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加