iPhoneやiPadに続いてMacも販売不振か、部品メーカー各社が受注減

このエントリーをはてなブックマークに追加



iPhoneやiPadの好調がMacのシェアの拡大にもつながるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いだったAppleに暗雲が立ちこめつつあることが明らかになりました。



アップル株6%急落、シーラス・ロジックの業績見通し受け=米株式市場 | マネーニュース | 株式市場 | Reuters

ロイター通信社の報道によると、AppleのiPhoneやiPadに部品を供給しているアメリカの半導体会社シーラス・ロジックが示した今四半期の売上高予想が1億5000万~1億7000万ドルと、市場予想の1億9000万ドル超を大きく下回ったそうです。

シーラス・ロジックは2012年9月期売上高の実に8割をApple関連の売上高が占めているだけに、今回の売上高予想は部品発注の減少によるものとみられ、iPhoneやiPadの販売不振が懸念された結果、Appleの株価が大きく下落する事態を引き起こしています。

Apple reportedly stops placing Mac component orders

また、台湾のIT系ニュースサイト「DIGITIMES」によると、Macに部品を供給している大手メーカー関係者がAppleによる受注が停止したままであることを明かしたそうです。

これは当初、4月末にMacの在庫が無くなると予想されていたにもかかわらず、Appleから追加の発注が無いことを受けたもので、急激な発注減の原因として、iPadなどのタブレット端末がパソコン業界へ与える影響がMacにも及んでいる可能性が考えられるとのこと。

OSやハードウェア、ソフトウェアを垂直統合型で提供することによってシェアを伸ばしてきたAppleですが、はたして本当にブレーキがかかりつつあるのでしょうか。なお、現地時間の4月23日に発表される同社の四半期決算によって、これらの主力製品の売り上げが明らかになる予定です。


・関連記事
iPhone 5Sや第5世代iPadの性能向上は期待薄か、新型プロセッサ「Apple A7」はiPhone 6以降に搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhone 5Sからカラーバリエーション展開か、廉価版と合わせて計8色に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが2013年夏モデルを5月7日に発表へ、NTTドコモやKDDIも発表間近 | BUZZAP!(バザップ!)

6~7月発売で1万円台、第2世代にあたる新型Nexus 7の情報をまとめてみた | BUZZAP!(バザップ!)


もはや既定路線か、「NTTドコモ版iPhone 5S」がまたしても報じられる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加