らくらくスマートフォンそっくりな「シンプルスマホ 204SH」レビュー



2013年夏モデル発表会に先駆け、4月に発表されたソフトバンクモバイルの「シンプルスマホ 204SH」のレビューをお届けします。

ハードウェアスペックやGoogle Play非対応な部分がNTTドコモの「らくらくスマートフォン F-12D」に酷似しているほか、同様の料金プランまでもが提供される同モデルですが、はたしてどのような内容なのでしょうか。



これが「シンプルスマホ SoftBank 204SH」。約4.0インチWVGA(800×480)液晶に490万画素オートフォーカス対応カメラ、30万画素前面カメラを備えたシンプルなモデルで、下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsの3Gハイスピードにも対応。「ボタン1つでは分かりづらい」というユーザーのために物理ボタンを3つ備えています。なお、「Google Play」は利用できません。



バッテリーは1800mAh



右側面に電源ボタン


左側面にはライト、マナー、音量ボタンがあります。


まずは204SHをじっくり触ってみたところ。誤操作防止のために押し込むような感覚でタップする必要があるため、操作には若干慣れが必要ですが、キビキビと動作してくれます。

シンプルスマホ 204SHをざっと触ってみた - YouTube


また、同モデルにはメール読み上げ機能や音声操作機能なども搭載。タップが面倒だと考えるシニアユーザーに歩み寄ったモデルとなっています。

シンプルスマホ 204SHでメール読み上げ - YouTube


シンプルスマホ 204SHの音声操作(カメラ編) - YouTube


シンプルスマホ 204SHの音声操作(メール編) - YouTube


シンプルスマホ 204SHの音声操作(予定編) - YouTube



・関連記事
ソフトバンクの2013年夏モデルを高解像度画像とスペックで一挙紹介 | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義氏が「Google Glass」のようなメガネ型デバイスを特許申請済みであることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「シンプルスマホ 204SH」発売へ、らくらくスマートフォンとほぼ同じモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

本日からソフトバンク版iPhone 5が「ダブルLTE」対応に、イー・モバイル網利用でパケ詰まり解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ドコモが月額900円の格安SIM「LIBMO」取り扱いへ、5分通話定額つきや大容量プランも選べてdポイントも使えるエコノミーMVNOに
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、美麗な120Hz高精細ディスプレイやゲームもガンガン遊べる高性能CPUに立体音響搭載の格安タブレット
  3. 【大幅値下げ】Anker最強の4ポート急速充電器「747 Charger (GaNPrime 150W)」過去最安に、スマホもパソコンもタブレットも一気に充電できる超便利な1台に
  4. 楽天モバイル「Rakuten Link」有料化か、期待の「格安の5G使い放題」まもなく開始
  5. 【悲報】Galaxy S23の「高性能版Snapdragon 8 Gen 2」サムスン製造か、まさかのTSMC外しで発熱問題に懸念も

モバイルに関連した楽天商品ランキング