放射線測定機能がパワーアップした「AQUOS Phone ss 205SH」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



ソフトバンクの2012年夏モデルとして登場し、大きなインパクトを与えた放射線測定スマートフォン「PANTONE 5 107SH」。

画期的な機能を備えたものの、しかしながらスマートフォンとしてのあまりスペックは高くなかったわけですが、さらにパワーアップすることでより実用的になった「AQUOS Phone ss 205SH」が2013年夏モデルとして登場したため、レビューをお届けします。



「AQUOS Phone ss 205SH」本体。スマートフォンとしては低い解像度の部類となりつつある約4.0インチフルワイドVGA(854×480)液晶を搭載する一方で、第4世代Snapdragon「MSM8960(デュアルコア、1.5GHz)」を備えています。


背面には810万画素カメラ


側面にキーはありません


上部にイヤホン端子、電源ボタン、SIMおよびmicroSDXCカードスロット


下部にmicroUSB端子


カラーバリエーションは5色



放射線測定機能のデモ。前モデルと比較してセンサーを2倍にすることで、従来の2倍早く放射線を測定可能。気になる測定精度ですが、センサーの校正時期は使用開始後7年とのこと。


ざっと触るとこんな感じ。無理をすることなく、余裕を持ってキビキビと動く印象です。

AQUOS PHONE ss 205SHをざっと触って放射線測定してみた - YouTube


<スペック>
ディスプレイ:約4.0インチフルワイドVGA(854×480)液晶
CPU:第4世代Snapdragon「MSM8960(デュアルコア、1.5GHz)」
メモリ:1GB RAM、8GB ROM
背面カメラ:810万画素
フロントカメラ:32万画素
バッテリー容量:2080mAh
OS:Android 4.1
備考:microSDXCカード対応

2013年夏 新商品発表! | ソフトバンクモバイル



・関連記事
ソフトバンクの2013年夏モデルを高解像度画像とスペックで一挙紹介 | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義氏が「Google Glass」のようなメガネ型デバイスを特許申請済みであることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「シンプルスマホ 204SH」発売へ、らくらくスマートフォンとほぼ同じモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

本日からソフトバンク版iPhone 5が「ダブルLTE」対応に、イー・モバイル網利用でパケ詰まり解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加