フワフワと浮かぶ世界最軽量スマフォ「DIGNO R 202K」「DM015K」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



5インチのフルHDディスプレイを搭載するなど、大画面化が進むにつれて、必然的にコンパクトさからは遠く、さらに重くなりがちなスマートフォンですが、世界最軽量を実現したスマートフォンがソフトバンクの2013年夏モデルとして登場しました。

また、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク向けの派生モデル「DM015K」も発表されています。レビューは以下から。



スマートフォンをくくり付けた風船が飛んでいた「DIGNO R 202K」ブース。


実際にフワフワと浮かんでいる様子はこんな感じ。

風船で飛ばせるほど軽いDIGNO R 202K - YouTube


「DIGNO R 202K」は防水モデルとしては世界最軽量となる94グラムの軽さを実現したスマートフォン。約4.3インチHD(1280×720)液晶や第4世代Snapdragon「MSM8960(デュアルコア、1.5GHz)」を備えています。



女性の手にすっぽり収まる、幅60mmのラウンドフォルムボディを採用。


実際に触ってみたところ。HD液晶+デュアルコアタイプの第4世代Snapdragonという、NTTドコモやKDDIの冬モデル「Xperia AX」「Xperia VL」とほぼ同じスペックであることもあり、ふわふわと安定して動いています。

安定して動く「DIGNO R 202K」 - YouTube


そして特筆すべきはKDDI向けの京セラ端末に提供されてきた「スマートソニックレシーバー」が搭載されているという点。画面全体が震えることで音を出すため、周りの雑音の影響を受けにくく、クリアな通話を楽しめます。

スマートソニックレシーバーを起動した状態で画面にビーズを置いてみたところ。画面から発せられる「ピー」という音に合わせてビーズがザワザワと揺れているのが分かります。

DIGNO R 202Kのスマートソニックレシーバー - YouTube


ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク向けの「DM015K」も展示されていました。ただしこちらは開発途中で、壁紙を表示できるのみとなっています。





<スペック>
ディスプレイ:約4.3インチHD(1280×720)液晶
CPU:第4世代Snapdragon「MSM8960(デュアルコア、1.5GHz)」
メモリ:1.5GB RAM、16GB ROM
背面カメラ:810万画素
フロントカメラ:32万画素
バッテリー容量:1800mAh
OS:Android 4.2
備考:microSDHCカード対応

2013年夏 新商品発表! | ソフトバンクモバイル



・関連記事
ソフトバンクの2013年夏モデルを高解像度画像とスペックで一挙紹介 | BUZZAP!(バザップ!)

孫正義氏が「Google Glass」のようなメガネ型デバイスを特許申請済みであることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクの「つながりやすさNo.1」の正体が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが「シンプルスマホ 204SH」発売へ、らくらくスマートフォンとほぼ同じモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

本日からソフトバンク版iPhone 5が「ダブルLTE」対応に、イー・モバイル網利用でパケ詰まり解消へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加