シャープがiPhone 5S向けの液晶を量産開始へ

このエントリーをはてなブックマークに追加



シャープが「iPhone 5S」向け液晶の量産を開始することが明らかになりました。



シャープ、亀山第1工場回復へ-来月にも次期iPhone向け液晶パネル量産:日刊工業新聞

日刊工業新聞社の報道によると、シャープは6月から次期iPhone向けの液晶パネルを量産開始するそうです。

次期iPhoneのディスプレイはiPhone 5と仕様が近いとされており、シャープとジャパンディスプレイ、LGエレクトロニクスが受注。すでに量産に着手した企業もあるとされています。

なお、iPhone 5には本体の薄型化やコスト削減などにつながる、タッチセンサーを液晶に統合した「インセル式ディスプレイ」が採用されていますが、メーカー各社とも歩留まり(生産した数量の中での不良品の割合)の悪さに苦戦を強いられ、とりわけシャープは原価割れの憂き目に遭っていました。

しかしながらディスプレイメーカー各社が苦戦したにもかかわらず、肝心のiPhone 5自体の売れ行きが芳しくなく、シャープは年初からiPhone向け液晶専用の亀山第1工場の稼働率低迷に悩まされていたわけですが、ようやく月600万台規模のフル生産が視野に入ったとされています。


・関連記事
iPhone 5Sや第5世代iPadの性能向上は期待薄か、新型プロセッサ「Apple A7」はiPhone 6以降に搭載 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにiPhone 5Sからカラーバリエーション展開か、廉価版と合わせて計8色に | BUZZAP!(バザップ!)

わずか6.1インチで新しいiPadを圧倒する解像度、「IGZO液晶」はシャープ再建の要に | BUZZAP!(バザップ!)

iPhoneは本当に販売不振なのか、その実情が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加