「Xperia A SO-04E」速攻レビュー、「Xperia Z」よりも控えめな性能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



大ヒットを記録した春モデルスマートフォン「Xperia Z」に続いて、「Xperia A(エース)SO-04E 」がNTTドコモの2013年夏モデル発表会でお披露目されました。

5インチのディスプレイを採用したXperia Zと比較して小型で丸みを帯びたデザインが魅力的ですが、その分やや控えめな性能になっています。



「Xperia A SO-04E」本体。Xperia Zと比較すると丸みを帯びたデザインで、二回りほど小さいのが特徴です。





カラーバリエーションは4色。



クレードルはこんな感じ



電池パックは交換可能。交換不可だったXperia Zと比べるとなかなか便利です。



実際に触ってみたところ。

Xperia Aをざっと触ってみた - YouTube


なお、Xperia ZとXperia Aの主な性能の違いはディスプレイの解像度。CPUやカメラは同じですが、画面のサイズダウンに伴い、フルHDからHDへと変更されています。

・ディスプレイ
Xperia Z:5インチフルHD(1920×1080)
Xperia A:4.6インチHD(1280×720)

なお、Xperia Aは5月17日(金)発売。Galaxy S4同様、初めてスマートフォンを購入するユーザーや、NTTドコモを10年以上利用しているユーザーに対しては24ヶ月間の支払いがトータルで2万160円割り引かれる特別価格での提供が行われ、実質価格は5000円ほどになるとされています。

・Xperia A SO-04E(ソニー製)
ディスプレイ:約4.6インチHD(1280×720)液晶
CPU:APQ8064(クアッドコア、1.5GHz)
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1310万画素
フロントカメラ:31万画素
バッテリー容量:2300mAh
OS:Android 4.2

2013夏モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ


・関連記事
ソニーの新型Xperia「Honami」「Togari」の詳細が判明、実現すれば夢のような機種に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE基地局を5万局に急拡大、下り最大150Mbpsサービスを最速で展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が最大72.2Mbpsに高速化、セキュリティも強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがAndroid 4.1、4.2へのOSアップデート対象機種を正式公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加