【写真・動画追加】「Galaxy S4 SC-04E」速攻レビュー、国内最高の処理速度と高い実用性を両立

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日のNTTドコモの2013年夏モデル発表会において、Galaxyシリーズの最新機種「Galaxy S4 SC-04E」が正式発表されました。

海外ではSamsung独自開発の8コアCPUを搭載したモデルも投入されている同機種ですが、国内では4コアモデルとなります。レビューは以下から。



「Galaxy S4 SC-04E」本体。5.0インチのフルHD(1920×1080)や、国内最高峰となる1.9GHzのSnapdragon 600プロセッサを備えるなど、高いスペックを実現しているにもかかわらず、前モデルと比較して1mmさらに薄くなりました。







バッテリーは着脱式です。


ブルーアークティック(右)はグローバル版にはない、NTTドコモ向けのカラーに。



また、「Galaxy S4 SC-04E」ではカメラ機能が大きく向上。写真と一緒に音声も記録できる「サウンド&ショット」や前面&背面カメラで同時に撮影できる「デュアルショット」、複数枚の写真を合成することで後ろを通る人や物を削除できる「消しゴム」といった機能を備えています。





Galaxy S4がテレビのリモコンになる「Samsung WatchON」



実際に触ってみたところ。前モデル「Galaxy S III α」で実現していたふわふわした動作に磨きがかかった印象。4コア版とはいえ、国内最高峰の処理能力を持ったCPUを搭載している点は非常に大きいです。

ぬるぬるふわふわ感が完璧なGalaxy S4 SC-04E - YouTube


そして前面カメラを用い、手をかざすだけでページをスクロールできるといったジェスチャー操作機能ももちろん搭載。

Galaxy S4 SC-04Eは手をかざすだけで操作可能 - YouTube


従来モデルでも採用されていた、画面上部の目の模様のアイコン。これはフロントカメラでユーザーの目の位置を感知し、身体を横たえた時などでも画面が自動で回転するのを防ぐ機能のためのものでしたが……


今回はさらにもう一歩踏み込み、画面から目を逸らすと動画の再生が止まる新機能「スマートポーズ」を搭載。これで「動画を観ながら寝落ちしてしまい、どこから再生すればいいのか分からなくなる」といった悩みを無くすことができます。

画面から目を逸らすと動画が止まるGalaxy S4の親切機能「スマートポーズ」 - YouTube


極めつけがGalaxy S4に新たに搭載された目玉機能「グループプレイ」。これは音楽や画像、ゲームなどを複数のGalaxy S4で共有できるもの。



実際に音楽を共有してみたところ。それぞれが左右のスピーカーの役割を分担して担うことで、パワフルなステレオサウンドを実現。また、説明員によるとより多くの台数で共有することで、サラウンド感を楽しめるそうです。

Galaxy S4 SC-04Eのグループプレイ機能で聴く音楽はサラウンド感満載 - YouTube


なお、Galaxy S4 SC-04Eは白と黒が5月23日、青のみ6月中旬発売予定。初めてスマートフォンを購入するユーザーや、NTTドコモを10年以上利用しているユーザーに対しては、24ヶ月間の支払いがトータルで2万160円割り引かれる特別価格での提供も行われます。

・Galaxy S4 SC-04E(Samsung製)
ディスプレイ:約5.0インチフルHD(1920×1080)有機EL
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.9GHz)
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1320万画素
フロントカメラ:210万画素
バッテリー容量:2600mAh
OS:Android 4.2

・関連記事
NTTドコモが2013年夏モデル発表、フルHDのIGZO液晶搭載「ZETA」などが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーの新型Xperia「Honami」「Togari」の詳細が判明、実現すれば夢のような機種に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE基地局を5万局に急拡大、下り最大150Mbpsサービスを最速で展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が最大72.2Mbpsに高速化、セキュリティも強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがAndroid 4.1、4.2へのOSアップデート対象機種を正式公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加