ついにフルHD版IGZO液晶を搭載した「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」速攻レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加



低消費電力を実現できる、経営再建中のシャープにとっての起死回生の切り札「IGZO液晶」のフルHD版を備えた「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」がNTTドコモの2013年夏モデルとして登場しました。完成度が高かった前モデル「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」よりも全体的にパワーアップしています。レビューは以下から。



「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」本体。約4.8インチでフルHD解像度(1920×1080)のIGZO液晶に1.7GHzのクアッドコアCPU、そしてF値1.9を実現するシャープ独自開発の裏面照射型CMOSセンサー搭載カメラなど、高いスペックを実現しています。









おくだけ充電にも対応


AQUOS Phone ZETAの進化の系譜。今回で3代目となります。


IGZO液晶のデモ。「液晶アイドリングストップ」により、静止画表示時は消費電力が10分の1近くにまで低減されています。


実際に触ってみたところ。

AQUOS PHONE ZETA SH06Eをざっと触ってみた - YouTube


なお、気になる発売日は5月24日(金)の予定です。

・AQUOS PHONE ZETA SH-06E(シャープ製)
ディスプレイ:約4.8インチフルHD(1920×1080)IGZO液晶
CPU:APQ8064T(クアッドコア、1.7GHz)
メモリ:2GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1310万画素
フロントカメラ:210万画素
バッテリー容量:2600mAh
OS:Android 4.2
備考:おくだけ充電対応

2013夏モデルの主な特長 | 製品 | NTTドコモ


・関連記事
NTTドコモが2013年夏モデル発表、フルHDのIGZO液晶搭載「ZETA」などが目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ソニーの新型Xperia「Honami」「Togari」の詳細が判明、実現すれば夢のような機種に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがLTE基地局を5万局に急拡大、下り最大150Mbpsサービスを最速で展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

「docomo Wi-Fi」が最大72.2Mbpsに高速化、セキュリティも強化へ | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがAndroid 4.1、4.2へのOSアップデート対象機種を正式公開 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加