ヤフオクで転売中の「ソフトバンクWi-Fiスポット」について、対策を問い合わせてみた



ソフトバンクモバイルが全国に展開している公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設備一式がヤフオクに出品されていることを先日BUZZAP!でお伝えしましたが、その対策を問い合わせてみました。

追跡する手段が無ければ、購入した人物は通信料金を気にせず使い放題となってしまいかねないわけですが、そうは問屋が卸さないようです。



ソフトバンクモバイル広報部に同社のWi-Fiスポットが複数出品されている状況について、不正利用をチェックする手段をはじめとした何らかの対策は考えているのかを問い合わせたところ、回答は以下となりました。

ソフトバンクモバイル広報部:
ご質問のWi-Fiスポットの件ですが、弊社で設置したWiFiスポットは弊社側で管理しており、少なくとも、オークションに出品されるようなWiFi機器は、弊社側で利用できないような手続きをとっています。オークションサイトを運営している企業にも、WiFi機器の出品は止めていただくようお願いしています。引き続き出品されている状況については、継続してオークションサイト側と対策を検討しているという状況です。

つまり落札したとしても「通信サービス使い放題」といった不正利用はできないということに。なお、もし仮に通信できたとしても、いつ使えなくなってもおかしくない状況だと思われるため、いずれにせよ手を出さない方が良さそうです。


・関連記事
ソフトバンクがWi-Fiスポットに関する取り組みを解説、アクセスポイントの干渉対策実施へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンク版iPhone 5向けLTE、75Mbpsエリアの実人口カバー率を問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルのWi-Fiスポットに用いられる機器を撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

携帯各社のWi-Fiスポット干渉問題はテザリング解禁でさらに悪化、対策に乗り出す国も | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング