ウィルコムから真のW-ZERO3後継機「WX04SH」登場か



2005年に国内初のスマートフォンとしてウィルコムから発売された「W-ZERO3」。

Windows Mobile(現Windows Phone)が下火になり、スライド式フルキーボードを搭載した端末も2011年を最後に発売されなくなった今でもW-ZERO3の影を追い求めているユーザーは少なからずいるのではないかと思われますが、なにやら気になるモデルが発売予定であることが明らかになりました。



総務省 電波利用ホームページ | 無線局機器に関する基準認証制度

携帯電話やPHSといった機器などが電波法に定める技術基準に適合しているかを認証する制度「技術基準適合証明」の公示ページによると、「WP-004」と呼ばれるシャープ製端末が2013年4月17日付けで通過しています。

「WP-004」はウィルコムのPHSに加えて、ソフトバンクモバイルが提供するプラチナバンド(900MHz帯)や1.5GHz帯、2.1GHz帯の3Gに対応。さらに下り最大21Mbpsないし42Mbpsの「ULTRA SPEED」も利用できます。

また、無線LANやBluetoothで用いられる帯域もサポートしているため、おそらくはスマートフォンということに。すでに「WX03SH」までがリリースされていることから、正式な型番は「WX04SH」になるのではないかとみられます。

W-ZERO3のスピリットを引き継ぐかと思われていた「DIGNO DUAL WX04K」がお世辞にも高いスペックとはいえなかった上、大手3社が提供する3Gスマートフォンと月額料金がほとんど変わらないことや、テザリング非対応であったなど、いろいろ残念なところがあったため、どうしても期待せざるを得ない「WX04SH」。

願わくばフルキーボード端末であって欲しいところですが、W-ZERO3シリーズ最後のモデルとなった「HYBRID W-ZERO3」ですらテンキー搭載へと変更されていたため、難しいかもしれません。


・関連記事
W-ZERO3ユーザーの見果てぬ夢、QWERTYキーボード搭載スマートフォンまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

高まる「WX04K」への期待、早すぎた国産スマートフォン「W-ZERO3」シリーズの歴史を振り返る | BUZZAP!(バザップ!)

月額基本料が1980円に、PHS搭載Wi-Fiルーター「PORTUS」のキャンペーンに潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

ついにスライド式QWERTYキーボード搭載スマートフォンの新機種が「ゼロ」に | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング