「AQUOS Phone es WX04SH」レビュー、初のPHSデータ通信対応モデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日ウィルコムが行った新商品・新サービス発表会において、シャープ初となるPHS対応Androidスマートフォン「AQUOS Phone es WX04SH」が発表されました。

「W-ZERO3」シリーズの再来を期待する声もむなしく、ごく一般的な形状のモデルとなっていますが、なんとAndroidスマートフォン初となるPHSデータ通信に対応しています。



「AQUOS Phone es WX04SH」本体。約4.0インチフルワイドVGA(854×480)液晶、第4世代Snapdragon「MSM8260A(デュアルコア、1.5GHz)」、1GB RAMなどを搭載し、ソフトバンクモバイルが提供する下り最大42MbpsのDC-HSDPAやプラチナバンドの3G、そしてPHSに対応しています。


背面には500万画素カメラ。


右側面、左側面、上部、下部






カラーバリエーションは6色。同モデルはソフトバンクの2013年夏モデル「AQUOS PHONE ss 205SH」から放射線測定機能とAXGPを抜き、そこにPHSを足したもので、カラーバリエーションはウィルコム独自のものを採用しています。




【ウィルコム】AQUOS PHONE es WX04SHをざっと触ってみた - YouTube


そして「AQUOS Phone es WX04SH」の最大の強みとなるのが、上下最大408kbpsのPHSデータ通信に対応しているという点。パケット代月額2980円の「ウィルコムプランLite」契約で1GBの通信量制限を使い切ってしまった場合でも、PHSデータ通信を利用すれば128kbpsよりも高速なデータ通信を利用できます。


なお、AQUOS Phone es WX04SHの発売は9月を予定しています。

・AQUOS Phone es WX04SH(シャープ製)
ディスプレイ:約4.0インチフルワイドVGA(854×480)液晶
CPU:第4世代Snapdragon「MSM8260A(デュアルコア、1.5GHz)」
メモリ:1GB RAM、16GB ROM
背面カメラ:500万画素
フロントカメラ:30万画素
バッテリー容量:2080mAh
OS:Android 4.1
備考:防水対応、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線搭載

ウィルコム(WILLCOM)
http://www.willcom-inc.com/ja/index.html



・関連記事
ウィルコムが2013年夏モデル発表、AXGP対応機や「だれとでも定額」強化、新料金プランも | BUZZAP!(バザップ!)

月額基本料が1980円に、PHS搭載Wi-Fiルーター「PORTUS」のキャンペーンに潜む罠 | BUZZAP!(バザップ!)

「ウィルコムストア」が閉店、サポートコインでの端末値引も終了 | BUZZAP!(バザップ!)

「DIGNO DUAL WX04K」も対象、ウィルコムの「3年縛り」が当たり前になるまでの過程を振り返ってみた | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 日本を席巻中の格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」さらに大幅値下がり、6400万画素カメラ搭載の「Redmi Note 9 Pro」も2万円台前半に
  2. 【速報】「ZenFone 5」1万円台半ばに再び値下がり、本格カメラやAIを使った便利機能搭載のかなり使えるSIMフリー格安スマホに
  3. 人気格安スマホ「Xiaomi Redmi Note 9S」128GBモデル大幅値下がりで2万円に近づく、上位機種「Redmi Note 9 Pro(6400万画素カメラ搭載)」も割安に
  4. 「Anker PowerCore lll Fusion 5000」速攻レビュー、大人気の充電器一体型モバイルバッテリーが急速充電対応で超便利に
  5. ハイエンドスマホの本体価格高騰は「Snapdragon 865」が原因、2021年登場の「Snapdragon 875」でさらに値上がりへ

モバイルに関連した楽天商品ランキング