ソニーが1TBの新型「nasne」発表、外出先からスマートフォンでアクセス可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加



3波対応ネットワークレコーダーでメディアストレージにもなる「nasne(ナスネ)」の新モデルをソニーが発表しました。

外出先からスマートフォンでコンテンツにアクセスできるようになる機能が追加されるほか、1TBモデルも提供されます。



ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアのプレスリリースによると、新たに1TBのハードディスクドライブを搭載したモデルを、10月10日(木)から発売するそうです。希望小売価格は2万3100円。



また、同日から既存の500GBモデルにも「システムソフトウェアバージョン2.00」の配信が開始され、PS VitaやAndroidスマートフォンから外出先から自宅のnasneにアクセスして、様々なコンテンツの閲覧などを可能にする「Anytime Access(エニイタイムアクセス)」が利用可能に。

PS Vita専用アプリ「nasnepocket」。自宅に設置されたnasne内の写真や音楽、動画(DTCP-IPコンテンツは除く)を外部ネットワークからも視聴できる専用アプリ。PS Vita TVからも利用できます。







そしてこちらはAndroid 2.3以上のスマートフォンに対応したアプリ「nasne ACCESS」。nasne内の各種ファイルを利用できるようになるだけでなく、nasneにファイルが追加されたことを通知するウィジェット機能も備えており、Google Playから無料でダウンロード可能。



さらにインターネットを介して2つのnasne内にある特定のフォルダ1つをリアルタイムで同期できる「nasne.シェア(ナスネシェア)」も利用可能に。「nasne ACCESS」のオートアップロード機能と組み合わせれば、外出先で撮影した写真やビデオをnasneのHDDに自動で保存しながら、別のnasneにも同時に保存し、さまざまなDLNAクライアントで共有できます。

また、PS Vita 向け電子書籍アプリケーション「Reader. for PlayStation Vita」と連携し、ソニー株式会社の電子書籍ストア「Reader.Store」で購入したブックデータの本棚として、nasneを利用できるとしています。

・関連記事
PS4はまさかの2014年2月22日発売で3万9800円、新型PS Vita「PCH-2000」や「PS Vita TV」も | BUZZAP!(バザップ!)

気になるPS4の互換性、実際のところをソニーに問い合わせてみた | BUZZAP!(バザップ!)

ついに公開された「PS4」本体を高解像度画像付きで解説 | BUZZAP!(バザップ!)

Wii U、PS4、Xbox Oneのスペックを比べてみた | BUZZAP!(バザップ!)

PS4やPS Vita普及に追い風、ソニーがUnityと提携で各ゲーム機やiOSなどから移植可能に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加