地球の氷がすべて溶けた場合、陸地はどれだけ沈むのかが一目で分かる地図

このエントリーをはてなブックマークに追加



地球温暖化が進めば極地の氷が溶け、海面水位が上がる……という話を聞いたことがある人は多いと思われますが、実際に氷が溶けた場合、今の陸地はどれだけ海の底になるのかが一目で分かる地図があります。詳細は以下から。


これがその地図。地球上にある500万立方マイルという途方も無い量の氷が溶けた場合、海面水位は216フィート(約65.8メートル)上がるという試算を受けたもので、北アメリカの場合、フロリダ州がほぼ壊滅することに。


南米。ブラジルやアルゼンチン、ウルグアイが大きく国土を削られます。


意外と影響が少ないのがアフリカ大陸。ただし西部のごく一部は完全に失われます。


そして影響が非常に大きいのがヨーロッパ。デンマークやベルギー、オランダ、バルト三国(エストニア・ラトビア・リトアニア)はほとんど海に沈み、ドイツやフランス、イギリスといったEUの中心的存在の国々も国土の多くを失います。


アジアは中国の沿岸部、日本の関東および中部地方、シンガポールなどが失われ、経済にとんでもない影響が及ぶことが想定されます。また、東南アジア各国の被害は甚大です。


オーストラリアも国土の中央に穴が開くように。


南極大陸は莫大な量の氷河を失い、非常に小さくなります。


なかなか恐ろしい予想図ですが、現状ではすべての氷が溶けきるには5000年かかるとのこと。

つまり極地に大質量隕石が落下するような未曾有の大災害でも起きない限り、このような事態に見舞われることは無いと考えられる部分に救いがあります。

Rising Seas - Interactive: If All The Ice Melted

・関連記事
地球全体の季節ごとの植物や積雪の呼吸をするような変化がひと目で分かる画像「A Breathing Earth」 | BUZZAP!(バザップ!)

存在しないはずの島がGoogle Earth上に描かれ、名前までもが付けられている | BUZZAP!(バザップ!)

地球温暖化はこの10年は一時停止しているが、止まったわけではないとの学説 | BUZZAP!(バザップ!)

グリーンランドの氷床がかつてないほど溶け出しているとNASAが発表 | BUZZAP!(バザップ!)

ルルイエ浮上!?南太平洋にベルギーの国土並の大きさの巨大な軽石の浮島が出現 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加