30人の記憶スケッチを元に「うろおぼえ世界地図」を描くとこうなる

このエントリーをはてなブックマークに追加



「世界地図を描け」と言われて正確に描ける人はそう多くないと思われますが、実際に30人が記憶を元に描いたものから世界地図を再構築すると、このようなものとなります。詳細は以下から。

これが記憶をベースに描かれた世界地図の一例。2012年夏にアメリカの高校生、Zak Ziebellが面識の無い大学生29人に声をかけて描いてもらったものです。



そしてZak Ziebell本人が描いたものを合わせた計30枚の世界地図を重ね……


彩色するとうろおぼえ世界地図のできあがり。南北アメリカ大陸はえらく寸胴になった上、イギリスや東南アジアはほぼ消滅。


総務省統計局が公開している世界地図と見比べてみると分かりやすいかもしれません。


What You Get When 30 People Draw a World Map From Memory - Uri Friedman - The Atlantic

・関連記事
東洋と西洋のライフスタイルの違いがひと目で理解できる秀逸なイラスト集 | BUZZAP!(バザップ!)

世界各国それぞれのNo.1のジャンルを網羅したマップが意外性に溢れている | BUZZAP!(バザップ!)

オンライン人口の多さで世界各国を表し、世界地図を描くとこうなる | BUZZAP!(バザップ!)

世界で最もレイシストの多い国が明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加