とある写真家が魅了され、何年も撮影し続けた小さな街の驚くべき秘密とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加



ひとりの写真家がある小さな街を何年にも渡り、毎日何時間も撮影し続けました。その街には写真家を魅了する、驚くべき秘密がありました。詳細は以下から。

写真家でアーティストのMichael Paul Smithさんは、ひとつの小さな街に魅了され、何年もの間来る日も来る日も何時間もその街の写真を撮り続けました。Michaelさんの作品はシンプルながら古き良き時代の面影を残す街を美しく切り取り、行ったこともないはずなのに心揺さぶられるものがあります。

Michaelさんが選び、魅入られたこの街にはとある秘密がありました。クラシックな車が走り、タイムスリップしたかのような美しい街の写真をじっくりとご覧ください。














この街はどこにあるのでしょう?その答えがこれです。










Michaelさんは全て、何年も掛けて自分だけの街を作り上げて撮影し続けてきた、というわけでした。実際の景色を背景として写しこむことで、驚くほどのリアリティを実現しています。これ以外のMichaelさんの作品は以下のサイトから。

Welcome to Elgin Park

撮影テクニックなどについては以下のサイト(英語)で解説されています。

Model Makers Michael Paul Smith

A Man Spent Years Taking Photos Of One Small Town. When You Look Closer, You’ll See Why

MINIATURE LIFE ミニチュアライフ
MINIATURE CALENDAR
水曜社
売り上げランキング: 103,992



・関連記事
ひとりの男が16年かけて作り上げた、あまりにも壮大な世界最大の鉄道模型「Northlandz」 BUZZAP!(バザップ!)

シムシティどころではない、半世紀に渡って2600枚の地図を描いて架空の世界を創造してきた男 BUZZAP!(バザップ!)

タイヤで作られたモンスターや動物のオブジェが今にも飛び掛ってきそうな躍動感 BUZZAP!(バザップ!)

人間が透明に見える…完全に自然と一体化したボディペイントが凄まじいクオリティ BUZZAP!(バザップ!)

1本の巨木に4年をかけて彫り込まれた中国の巨大彫刻の壮大さと精密さにめまいを覚える BUZZAP!(バザップ!)

まるで星か生命体、ドラッグを顕微鏡で撮影した写真が息を呑むほど幽幻で美しい BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加