国内最大のゲイパレード「東京レインボープライド2014」を歩いてきました

このエントリーをはてなブックマークに追加




昨年も参加したLGBTの祭典、東京レインボープライドに再び訪れました。今回はパレードにも参加してみました。現地の模様をフォトレポートします。

昨年に引き続き、代々木公園でのLGBT(同性愛者や両性愛者、トランスジェンダー)などの存在を認知してもらうことを目的としたイベント「東京レインボープライド2014」を訪れました。今年は日本初のゲイパレードが開催されてから20年目に当たる節目の年。去年よりもさらに多くの参加者が集まり活気に満ち溢れていました。

ゲイパレード「東京レインボープライド2013」に行ってきました BUZZAP!(バザップ!)

今回BUZZAP!編集部が現地に到着したのは午前11時半過ぎ。昨年に引き続き非常に気持の良い晴天。日向では汗ばむほどの陽気でした。会場には既に大勢の参加者が集まっていました。



ステージではライヴも始まっていました。



こちらは各国の大使館ブース。同性婚が合法化されたばかりのイギリス、アメリカ合衆国、イスラエル、ノルウェー、スゥエーデン、オランダ、アイスランド、ベルギー、ドイツ、フランスなどの各大使館がLGBT向けのツアーの案内などを行っていました。



こちらは企業ブース。Google、Philips、Microsoft、Alfaromeoなどの錚々たる世界トップクラスの外資系企業に混じってひときわ目立っていたのがLIFEGUARDのラッピングカーを構えたチェリオ。




チェリオはこんなワイルドなティッシュも配布していました。


今回は去年歩けなかったパレードをぜひ歩いてみたいと思い、エントリしてみました。それぞれ個性的なフロートがあり、セクシュアリティに関わらずエントリ可能です。

13時半の出発を前にケヤキ並木に集結するパレード参加者の皆さん。今回はDJ TASAKA、ラッパーATS、日出郎らのサウンドカーと共に(踊り)歩くTOKYO NO H8のフロートで歩くことに。


自分たちのフロートの前の集団が次々と渋谷の街に飛び出していきます。そしてやがて自分たちの番に。晴れ渡った渋谷の公園通りを大音量のハウス・ミュージックで踊りながらパレードしていきます。



東京レインボープライド2014 マルイ前交差点 - YouTube


驚くのが沿道を歩く人々の反応です。レインボーフラッグを振って応援するレインボープライド参加者たちも大勢いましたが、渋谷に普通に遊びに来たと思われる若者たちや外国人観光客の反応がとてもポジティブなものでした。スマフォやタブレットで写真を撮る人、笑顔で手を降ってくれる人、沿道で踊りだすグループなどなど、東京であり渋谷だからこその反応かもしれませんが、少なくとも日本の中にもこうした土壌が少しずつでも育まれていることは非常に歓ばしいと感じました。


パレードはマルイ前交差点から北上して明治通りに入り、原宿交差点へ。ここで日出郎の「燃えろバルセロナ」でパレードはさらなるハイテンションに。

東京レインボープライド2014 明治通り - YouTube



そこから原宿駅前へと曲がり、会場の代々木公園へと帰ってきます。去年と同様、先にゴールしたパレードの参加者や会場に残った人々がおかえりなさい、と声をかけながらハイタッチで向かえてくれます。



このパレードは合計3000人が参加、安倍昭恵首相夫人もAIDSへの理解を訴えるフロートに参加していたことがTwitterなどで大きな話題になっています。


パレードの戻った東京レインボープライドの会場はすごい熱気に。個性的できらびやかなパフォーマーたちがあちこちで写真撮影に応じていました。この日、レインボープライド自体に集まった人は14000人を超えたということです。昨年も参加して話題になった乙武洋匡さんは今年もパレードに参加。ステージでは夏木マリがクライマックスを飾るなど、年を追うごとに規模と認知度が上がっています。




このレインボープライドの持つ圧倒的な空気感を何と表現したらよいのか。誤解を恐れずに言うのであればそれは解放と祝福なのではないかと感じました。それぞれが自らのセクシュアリティを隠す必要が全くなく、世間の持つ偏見や「常識」に基づいた「良さ」や「らしさ」への同調圧力を気にせず素の自分でいられること。そして、そうした各々のセクシュアリティが祝福される場であるということ。



「人生いろいろ、愛もいろいろ」という今年の東京レインボープライドのテーマが表すように、生き方や愛し方についての枠が一時的にでもこうして外されることで、誰にとっても見えてくるもの、感じるものがあるのではないでしょうか。

セクシャルマイノリティのみならず、ストレートの人にもぜひ足を運んで見て感じていただきたいイベントです。

ダレセン!―Yes,all I need is Love!!
熊田 プウ助
ぶんか社


・関連記事
ゲイパレード「東京レインボープライド2013」に行ってきました BUZZAP!(バザップ!)

Googleがソチオリンピック開幕に合わせてロシアの反同性愛法に抗議、トップページが6色のレインボーカラーに BUZZAP!(バザップ!)

ハンドメイドコスメのLUSH(ラッシュ)がロシアの反同性愛法に反対するアクションを展開 BUZZAP!(バザップ!)

「日本のゲイアプリでモテる写真の撮り方」をゲイの読者に教えてもらいました BUZZAP!(バザップ!)

セクシーコスプレ19本勝負、グラマーな女の子 VS ガチムチゲイ男子 BUZZAP!(バザップ!)

パリで30万人規模の反同性婚デモ、警官隊と衝突で数十人を逮捕 BUZZAP!(バザップ!)

熊田プウ助最新刊「本日もおひとりホモ。中年マンガ家生活」発売へ、ホモボモしくもほのぼのした内容に BUZZAP!(バザップ!)

イギリスの名門サセックス大学でトランスジェンダー用トイレを設置へ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加