見た目に手触りから匂いまで人肌そっくりな椅子が不気味すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加



人肌の手触り、素敵なものですがそれが椅子になると話が違います。詳細は以下から。

イギリスのStudio 9191所属のアーティストGigi Barkerさんは自らのプロジェクト「A Body of Skin」の中で、人間の肌の手触りや見た目を再現した巨大な椅子を作成してしまいました。


Barkerさんは椅子のベースを作るのに整形したシリコンを用いて脂肪の触感を再現。皮膚の触感を出すのにはレザーを用いています。




さらに、嗅覚的にも人肌に近づけるために人間のフェロモンとアフターシェーブローションが染み込まされており、ふんわりと人間の体臭に近い香りが漂うとのこと。見た目が球状なのに手触りも匂いも人間というのはちょっとホラーな感じもしますね。


吉田戦車の「伝染るんです。」に出てきた「丸」に似ていなくもありません。


なお、アフターシェーブローションということから想像するに男性的な匂いになっていそうですが、Twitterの某有名Tweetによると


とのことなので、これらの物質を染みこませると女の子の匂いのする人肌椅子も制作できることになります。

これはいわゆる作品のため販売の予定はなさそうですが、ひとつ家にあったら人肌恋しい時にぴったり…かも?

Gigi Barker's skin-covered seats are infused with bodily scents

無頼豊饒(初回限定盤)(DVD付)
人間椅子
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2014-06-25)
売り上げランキング: 1,429

・関連記事
リアルな大人の遊園地、巨大なおっぱいで埋め尽くされたバウンスハウスが登場 BUZZAP!(バザップ!)

とあるアスリート向けのスキンスーツがあの「巨人」と完全に一致 BUZZAP!(バザップ!)

これぞ江戸しぐさ、おならでバトルする江戸時代の「屁合戦絵巻」がマジキチ過ぎると海外で繰り返し話題に BUZZAP!(バザップ!)

これは怖い、人間のように滑らかに踊りながらじっと見つめてくるセクシーな女性型ロボット BUZZAP!(バザップ!)

つねると点灯、引っぱたくと消灯するお尻の形のランプ「Slap It」 BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加