アーティストが子供時代の落書きを全力でリアルに再現したら凄まじくシュールなことに

このエントリーをはてなブックマークに追加



子供の絵は常識にとらわれない奔放さが魅力です。でもその絵を大人のプロが本気でリアルに再現したらとんでもない絵画になりました。

オランダのアーティストTelmo Pieperさんはある時両親が大切に取っておいた自分の子供時代の落書きを大量に発見しました。4歳前後に描かれたものが多かったのですが、その線の自由さ、描き出されたシュールさに感銘を受けたPieperさんはその構図を可能な限りリアルな形でリメイクを試みます。そのシリーズがこれらの「Kiddie Arts」。











リアルさが却って原画の歪みやデッサンの狂いを強調してシュールさを増幅することに。それでもひしひしと伝わってくる迫力やインパクトは子どもならではの感性が生かされているからなのでしょうか。

Dutch Artist Recreates His Childhood Drawings 20 Years Later Amusing Planet


異文化としての幼児画―あなたへのメッセージの読みとり方
林 健造
フレーベル館
売り上げランキング: 757,896
サクラクレパス 洗たくでおとせるサインペン12
サクラクレパス
売り上げランキング: 99

・関連記事
宇都宮大学のオリジナルゆるキャラ「宇~太」が本当にゆるすぎて話題に BUZZAP!(バザップ!)

これがフランス流擬人化か…人や顔に見える日用品をそのままキャラクターにしたら驚くほど不思議キュートになりました BUZZAP!(バザップ!)

見た目に手触りから匂いまで人肌そっくりな椅子が不気味すぎる BUZZAP!(バザップ!)

【追記あり】自らの女性器の3Dプリンタ用造形データを配布したアーティストのろくでなし子さんが逮捕、釈放を求める署名活動も BUZZAP!(バザップ!)

なんとも涼しげ、倒木とガラスで川や湖を表現した夏にぴったりなテーブル BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加