15歳女子がピンク・フロイド「Comfortably Numb」のギターソロを超絶テクニックで演奏する動画が話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年BUZZAP!でも紹介した天才ギター少女が今度はピンク・フロイドに挑戦し、再び話題になっています。

昨年BUZZAP!ではライトハンド奏法を世に知らしめることとなったヴァン・ヘイレンの「Eruption」のギターソロを見事なテクニックで演奏する14歳のフランス人少女Tina S.ちゃんを紹介しました。

14歳の少女の奏でるヴァン・ヘイレン「Eruption」のギターソロが息を呑む素晴らしさ BUZZAP!(バザップ!)

あれから1年、15歳になった彼女が演奏するのはピンク・フロイドの伝説的なコンセプトアルバム「ザ・ウォール」に収録されている「Comfortably Numb」のギターソロ。このソロはDiditalDreamDoor.com選出の「偉大なギターソロトップ100」では1位に輝いています。動画は以下から。

Pink Floyd - Comfortably Numb Solo Cover - YouTube


単なるコピーに留まらない力強さを感じますが、YouTubeのコメント欄には当然のように「テクニックはいいんだがフィーリングがなぁ…」といったピンク・フロイドの熱烈なファンのものと思われるコメントが殺到しています。

なお、こちらが本家ピンク・フロイドのLive映像になります。

Pink Floyd - Comfortably Numb Pulse HD - 125kbps, 44KHz Audio - YouTube


これからハイティーンへと成長していくTina S.ちゃん。どんなギタリストに成長していってくれるのでしょうか。

15-Year-Old Guitarist Effortlessly Plays a Complicated Solo Cover of ‘Comfortably Numb’ by Pink Floyd

ザ・ウォール
ザ・ウォール
posted with amazlet at 14.12.17
ピンク・フロイド
ワーナーミュージック・ジャパン (2014-01-29)
売り上げランキング: 26,911

Comfortably Numb: The Inside Story of Pink Floyd
Mark Blake
Da Capo Press
売り上げランキング: 8,239

・関連記事
14歳の少女の奏でるヴァン・ヘイレン「Eruption」のギターソロが息を呑む素晴らしさ BUZZAP!(バザップ!)

たった1本の弦から強烈な音楽を生み出すジャマイカ人シンガーBrushy One String BUZZAP!(バザップ!)

アステカ文明の死のホイッスルの「千の死霊の悲鳴」で敵の戦意を喪失させる音色が本気で骨まで凍る恐ろしさ BUZZAP!(バザップ!)

火を噴くバグパイプでのAC DC「Thunderstruck」のリミックスが超世紀末パンク BUZZAP!(バザップ!)

これが天才か…50歳ホームレスが独学で身につけた即興ピアノ演奏が感動の涙を呼ぶ BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加