シークレット機能が便利な「isai vivid LGV32」追加レビュー、Xperiaとカメラ比較も

このエントリーをはてなブックマークに追加



KDDIの2015年夏モデルとして発表された「isai vivid LGV32」。

Buzzap!では先日レビューをお届けしましたが、よくよく触ってみると、思った以上に高いポテンシャルを秘めているモデルなので、さらにもう少し突っ込んでみることにしました。詳細は以下から。

◆暗いところに強すぎるF値1.8レンズはダテじゃなかった
光学3軸手ブレ補正やF値1.8のレンズを採用し、暗いところでも0.1秒台でピントが合う「レーザーオートフォーカス」に対応した1600万画素カメラを備えている「isai vivid LGV32」。


発表会場では暗い箱の中を走るLED付き電車をどれだけキレイに写せるか……という比較が行われていました。isai vivid(下)ではレール部分までキレイに写っているのに対し、既存モデルのisai VL(上)ではノイズが目立つのが分かります。



動画で見るとこんな感じ。


さらに手持ちのXperia Z3(左)と比較してみたところ。やはりisai vivid(右)のほうがキレイに見えます。なお、Xperia Z3とXperia Z4の背面カメラの性能は同じです。



動画で見るとこんな感じになります。


◆あらゆる秘密を守れる「isaiシークレット」
そしてisai vividのもう一つ大きな機能が、新たに搭載された「isaiシークレット」。


電話の履歴やメールの受信通知、ギャラリー、ブラウザのブックマークや履歴、過去の入力内容など、数多くのコンテンツをシークレットモード時だけ表示できるというスグレモノです。


実際にギャラリーで試してみたところ。


ロックするファイルを選び、「ロック」をタップするだけで……


指定されたファイルだけが表示されなくなりました。なお、isaiシークレットは画面オフ時に2回タップすると起動する「ノックコード」で画面をオンにした際に、同時にオンにすることもできます。


ちなみにLINEメッセージの通知もシークレットにできます。


暗いところに強いカメラとisaiシークレットによって、「夜景デートの写真を自分以外の誰も見られないようにしたい」といった需要にも応えてくれるisai vivid。高機能なだけでなく、使い勝手が良いところもなかなか便利ではないでしょうか。

・「isai vivid LGV32」(LG製、5月発売予定)
ディスプレイ:約5.5インチWQHD(2560×1440)液晶
CPU:Snapdragon 808 MSM8992(1.8GHz×2、1.4GHz×4)
メモリ:3GB RAM、32GB ROM
背面カメラ:1600万画素
フロントカメラ:210万画素
au 4G LTE:下り最大225Mbps
WiMAX 2+:下り最大220Mbps
国内向け機能:おサイフケータイ、フルセグ
防水・防塵:IPX5/7、IP6X
バッテリー容量:3000mAh(バッテリー交換可能)
OS:Android 5.1

・関連記事
KDDIの2015年au夏モデルまとめ | BUZZAP!(バザップ!)

いよいよ始まったauの機種変更優遇プラン「アップグレードプログラム」はお得なのか? | BUZZAP!(バザップ!)

「WiMAX 2+」の3日間で3GB制限を体験、実際の通信速度を測定してみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本版Zenfone 2はauのプラチナバンドLTE対応、mineo・UQ mobile利用者歓喜の展開に | BUZZAP!(バザップ!)

「NTTの光回線とau携帯電話のセット割引」ひそかに拡大中、スマートバリュー以外の選択肢に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加