世界最速発売の「Surface 3」レビュー、スマホ並に薄くて軽いWindowsタブレットに

このエントリーをはてなブックマークに追加



マイクロソフトが先ほど正式発表した史上最薄・最軽量のWindowsタブレット「Surface 3」のレビューをお届けします。詳細は以下から。

これが「Surface 3」本体。intelの最新プロセッサ「Atom X7 Z8700(1.6GHz~最大2.4GHz、クアッドコア)」を採用しており、一般向けモデルはLTE版のみの展開。対応LTEバンドはソフトバンクが提供する1、3、8となります。


ディスプレイには10.8インチのフルHD(1920×1280、画面比率3:2)液晶を採用。350万画素前面カメラやドルビーサウンド対応のステレオスピーカーを備えています。


背面には800万画素カメラを搭載。


側面はこんな感じ。


音量ボタン


左からヘッドホン端子、microUSB端子、USB3.0端子、Mini DisplayPort。microSDスロットも備えており、拡張性は十分です。


底面にはnanoSIMスロットやType Cover(キーボード)との接続端子があります


キックスタンドはSurface Pro 3の無段階から、3段階に変更されました。







そしてSurface 3の魅力が本体の薄さ。Xperia Z3(右)と比べてもほとんど差が無い、8.7mmの薄型ボディを実現。本体重量も歴代Surfaceで最軽量となる約622グラム(4G LTEモデルは約641グラム)です。


Type Cover(別売、1万5680円)はブラック、シアン、ブルー、レッド、ブライトレッドの5色展開。



触ってみたところ。レスポンスは特に問題無さそうです。


さらに予約者に対しては、手書きできるSurfaceペンが無料でもらえるキャンペーンも実施されます。


なお、一般向けモデルは以下の2機種で、OSにはWindows 8.1を採用。日本独自の「Office Premium プラス Office 365 サービス」によって永続的に最新版のOfficeデスクトップ アプリケーションへアップデート可能できるほか、1TBのオンラインストレージ「OneDrive」などが1年間無償に。Windows 10への無償アップグレードも可能されます。

64GBモデル(RAM 2GB):8万1800円
128GBモデル(RAM 4GB):9万1800円

史上最薄・最軽量の Surface、Surface 3 を 6 月 19 日(金)より発売 | News Center Japan

Surface 3 タブレット - パフォーマンスと価値の完璧なバランス

・関連記事
マイクロソフトが「Surface 3」正式発表、一般向けはワイモバイル独占のLTE版のみ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクとマイクロソフト提携、Surface 3のLTE版をワイモバイルで展開へ | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが2015年夏モデル発表、AQUOS CRYSTAL 2やGalaxyシリーズ初参戦も | BUZZAP!(バザップ!)

使い放題のはずの「SoftBank Air」に通信制限導入へ、305ZTの悪夢再びか | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが解約金を5~6万円台に大幅引き上げ、縛り期間も延長 | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクモバイルがTポイントに出資、電力料金とのセット割引への布石か | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがプリペイドでも4G(LTEやAXGP)利用可能に、専用スマホ「BLADE Q+」開発 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加