格安SIM「mineo」にドコモプラン追加、1枚のSIMでau・ドコモ回線対応も視野に

このエントリーをはてなブックマークに追加



関西電力傘下で、近畿圏でNTT西日本とガチンコバトルを繰り広げている光ファイバーサービス「eo光」でおなじみのケイ・オプティコムが提供する格安SIM「mineo」が1周年を迎えるにあたって、ドコモプランが追加されることになりました。詳細は以下から。

本日発表されたmineoの2015年度戦略。2015年9月からドコモプランを追加し、マルチキャリア展開に。


今までは通信方式の壁がありましたが……


使いたいスマホに応じて最適なSIMを利用できるようになります。


さらにSIMを交換することなく、mineo SIMで最適なネットワークを選択できるようにする構想も。エリアや混雑状況に応じて回線を切り替えられるため、大規模災害時などにも対応できるようになるというもので、積極的に関係各所に働きかけていくとしています。



auプラン、ドコモプランのどちらを契約していても、自由にパケットの分け合いが可能に。



12ヶ月の最低利用期間、9500円の解約清算金も撤廃されます。

・関連記事
【まとめ】地方で格安SIM「mineo」は使えるのか、au 4G LTEのエリアを四国旅行でテストしてみた | BUZZAP!(バザップ!)

日本版Zenfone 2はauのプラチナバンドLTE対応、mineo・UQ mobile利用者歓喜の展開に | BUZZAP!(バザップ!)

NTTドコモがMVNOに参入する方針、新ブランドで自ら格安SIM提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

au系格安SIMがさらに充実へ、KDDIがMVNO向け接続料を半額以下に | BUZZAP!(バザップ!)

格安スマホで激突する「VAIO Phone」「Xperia J1 Compact」、どちらが買いなのか比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

値下げしたau回線の格安SIM「mineo」がさらに基本料割引、スマホとセットで「毎月割」も | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加