ソフトバンク、なんと同性カップル向け家族割引をすでに導入していた

このエントリーをはてなブックマークに追加



先日KDDIが同性カップルに対しても家族割引を提供することを表明し、ドコモも導入する方針であることを先ほどお伝えしましたが、ソフトバンクが大きく先を行っていたことが明らかになりました。

Buzzap!編集部でソフトバンク広報室に問い合わせた内容と回答は以下の通り。

Buzzap!編集部:
今年10月から東京都の渋谷区で「同性パートナーシップ制度」が施行され、同性カップルなどに対しても「結婚に相当すると認める証明書」を発行される予定ですが、実際に制度を利用したユーザーに対して、家族割引は適用されるのでしょうか。

ソフトバンク広報室:
当社の場合はもともと住所が同一であれば、同性カップルであっても対応しておりました。おかげさまで大変ご好評戴いております。

Buzzap!編集部:
ありがとうございました。

なお、ソフトバンクの場合「住所が同一であれば」としているため、同棲している未婚の男女であっても家族割が適用可能。

若年層の収入が低く、雇用も不安定で「結婚したくてもできない」ケースが多い昨今、家族の形をかなり柔軟に認める姿勢は、高く評価すべきではないでしょうか。

・関連記事
ソフトバンクが「通信の最適化」を一時中止?→設備のメンテナンス中でした | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクがMVNO(格安SIM)推進へ、子会社「SBパートナーズ」立ち上げ | BUZZAP!(バザップ!)

発売1ヶ月の「Galaxy S6 edge」をソフトバンクが叩き売り中、いきなり実質0円に | BUZZAP!(バザップ!)

ソフトバンクが次世代移動通信技術を共同研究へ、HuaweiやZTEと合意 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加