ローランドの世界的名機とされるドラムマシン「TR-909」をHTML5で再現したサイトが話題に

このエントリーをはてなブックマークに追加



テクノやハウスの勃興に多大な役割を果たしたローランドの伝説的ドラムマシンTR-909を再現したサイトが話題になっています。詳細は以下から。

80年代前半にローランドが発売した革命的ドラムマシンTR-808の後継機として登場し、デトロイトやシカゴでテクノ、ハウスシーンの代名詞的名機として世界中にその名を轟かせることとなったTR-909

そのTR-909をブラウザ上でHTML5を用いて再現したサイトが登場し、音楽ファンらの間で話題となっています。それがこちらのサイト


作成したのはフィンランド人ソフトウェア開発者のTEEMU KALLIOさん。ヘルシンキ大学を卒業した後にIT企業に勤め、過去4年間はHTML5の技術を使ってウェブ制作やスマホアプリ開発を行っています。思い入れのあるTR-909をHTML5を用いて再現するというプロジェクトの結果出来上がったのがこのサイトであり、並々ならぬ意気込みが感じられます。

使い方は画面上部のドラムの音色をクリックし、音程や音量などを決めて画面下部のボックスを点灯させます。音色ごとにタイミングを決め、PLAYボタンを押せば自分の作ったリズムが流れだすという感じ。本物のTR-909の説明動画が参考になるかもしれません。

Roland TR-909 Drum Machine demo - YouTube


画面左下にセーブボタン、ロードボタンがありますが、これはあくまでサイト上で保存するだけのもの。他のDTMマシンで使えるファイル形式で保存されるわけではないので注意が必要です。そんな機能が実装されたら大喜びする人も多そうですが…。

Roland TR-909 drum machine made with HTML5 Boing Boing

・関連記事
テルミンをタッチするだけで簡単に奏でられるウェブサイト | BUZZAP!(バザップ!)

DTMを無理やり全部アナログに変えてテクノ・ミュージックを作曲するとこんなことに | BUZZAP!(バザップ!)

伝説的なパーソナルコンピュータ、コモドール64を大胆に使用したベースギター型シンセサイザー | BUZZAP!(バザップ!)

電子音楽の世界を詰め込んだ「テクノミュージアム」がフランクフルトに開設へ | BUZZAP!(バザップ!)

シンセサイザーもびっくりの宇宙的音響を奏でられるオリジナルのアコースティック楽器 | BUZZAP!(バザップ!)

【朗報】「Technics(テクニクス)」がターンテーブルを復活、新型を来年度に発売へ | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加