AppleがiPhoneの下取り開始、最大3万6000円で買い取りへ

このエントリーをはてなブックマークに追加



以前Buzzap!でお伝えしたAppleのiPhone下取りサービスが日本でもスタートしました。詳細は以下から。

Appleの公式ページでは、新たにiPhoneやiPad、他社製スマホなどの下取りサービスが告知されています。

iPhone下取りキャンペーン - Apple(日本)


一例として提示されている下取り額は以下の通りで、他社製スマホも1000円~2万4200円で下取り。なお、Apple Storeで下取りに出すと、新しいiPhoneの購入価格から割引を受けることができるほか、オンラインの場合、スマホを送付すると追ってApple Storeギフトカードが届く仕組みとなっています。

iPhone 4、4s:最大3500円
iPhone 5、5c、5s:最大1万4600円
iPhone 6:最大3万1000円
iPhone 6 Plus:最大3万6000円


下取り額をチェックできるフォームは以下。なお、オンラインの下取りを担当するのはソフトバンク傘下のブライトスター社です。

Brightstar TradeIn Portal | Home


携帯各社が提供する下取りサービスや、中古販売店の買取価格の方が条件がいい場合もあるため、利用の際はよくよくチェックしてみたほうが良さそうです。

・関連記事
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

2年ぶりの4インチ「iPhone SE」徹底解説、廉価版のはずがiPhone 6sクラスの性能に | BUZZAP!(バザップ!)

必ず役立つ、iPhoneのカメラで撮る写真を大幅レベルアップさせる8つのポイント | BUZZAP!(バザップ!)

「Error 53」でiPhone文鎮化、AppleがiOSアップデートでスマホ修理業者を排除 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
フォローまたはいいね!して最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ハイエンド格安5Gスマホ「OnePlus 8」が過去最安の処分価格で販売中、Galaxy S20やXperia 1 IIなどと同性能でほぼ半額に
  2. 【極安スマホ】ソフトバンクの「Lenovo 503LV」が新品3980円で販売中、ただしOSはWindows 10 Mobile
  3. 携帯各社新プラン「povo on au」「LINEMO」の月額2480円に「ahamo」追従せず、ドコモ社長が通話定額抱き合わせを明言
  4. 生命線となる技術も流出、Appleを訴えた日本の部品メーカーはどれだけ悲惨な状況に立たされているのか
  5. Xiaomiの高性能格安スマホ「POCO X3」またも大幅値下がり、6400万画素カメラに120Hzディスプレイ搭載でゲームも動画も撮影もストレス知らず、Banggood.com「2021感謝セール」にて

モバイルに関連した楽天商品ランキング