「auにのりかえ割」急遽終了へ、ドコモによるMNP潰しが影響か



先ほどBuzzap!でNTTドコモがMNP優遇見直しの波に乗り、au・ソフトバンクの「のりかえ割」をやめさせるよう、総務省に促していたことをお伝えしましたが、auが当初の予定を大幅に短縮して「auにのりかえ割」を終了することになりました。詳細は以下から。

KDDIの公式ページによると、当初2016年1月14日(木)~2016年5月31日(火)までと案内されていた「auにのりかえ割」について、2ヶ月前倒しの2016年3月31日(木)に終了することが告知されています。

auにのりかえ割 | キャンペーン | au


auにのりかえ割は他社からのMNPで「データ定額5/8/10/13」ないし「LTEフラット」に加入したユーザーに対し、1000円または934円をデータ定額サービス利用料から割り引くというもの。

しかし先日、「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」に対する意見募集にあたって、NTTドコモがau、ソフトバンクののりかえ割を端末購入補助の一環とみなし、規制するよう総務省に対して要望。

総務省が端末購入補助とみなすようガイドラインを修正するとコメントしたことから、継続が困難になったのではないかとみられます。

ちなみに「auにのりかえ割」が終了する3月31日はiPhone SEの発売日。4月以降にiPhone SEを含むスマホ購入を検討している利用者は、MNPを利用しても従来より高いランニングコストを支払わないといけなくなるなど、しわ寄せがどんどん大きくなりつつあります。

・関連記事
ドコモ、au、ソフトバンクのiPhone SE本体価格比較、ライトユーザーはauが最安か | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが総務省と露骨なMNP潰し、auやソフトバンクの「のりかえ割」「下取り」を槍玉に | BUZZAP!(バザップ!)

「値下げ」に沸く携帯料金、支払額が変わらないどころか上がる可能性もあることが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

「MNP割引に上限」は無意味、政府主導の携帯料金値下げの議論がズレすぎている件について | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 大画面有機EL採用の新型「iPhone SE」やはり登場か、5G対応モデルはまもなく発表へ
  3. 【速報】Xiaomi「POCO X3 Pro」大容量モデル値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載なのに2万円台で格安スマホの決定版に
  4. 「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  5. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に

モバイルに関連した楽天商品ランキング