春のサイクリングにぴったり、自転車に取り付けられる3Dプリント花瓶が素敵

このエントリーをはてなブックマークに追加



サイクリング中に見つけた野の花をその場で活けられる素敵な花瓶が登場です。詳細は以下から。

長く厳しい冬が終わり、咲き誇った桜が散る中で若草の息吹を感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。自転車通勤や休日のサイクリングも心地よく、道ばたや河原に咲き誇る野の花に目を奪われることも増えてきます。

そんな時、ふと自転車を停めて気に入った草花を少しだけ摘み、自転車に飾りながら走れたらどんなに気持ちのいいことでしょう!アトランタで活動するデザイナーのColleen Jordanさんは、その願いを自転車に取り付けられる3Dプリントの花瓶という形で実現してしまいました。



これらの花瓶は3Dプリントされた後、ひとつひとつ手仕事で仕上げられます。それぞれの花瓶は自転車のフレームやハンドルバーに留め具やストラップで簡単に取り付け可能。




Colleen Jordanさんは自らのEtsyストア「Wearable Planter」でこれらの花瓶を販売しており、送料別でひとつ3500~5000円程度。サイクリング好きはこれからの季節、自分の自転車にフレッシュな彩りを追加してみてもよさそうです。




もちろん、他人の庭のお花を勝手に摘んではいけません!あくまで自然の野の花を少しだけ分けてもらうようにしましょう。

Cute Little 3-D Printed Flower Vases For Your Bicycle Geekologie

野の花えほん 春と夏の花
前田 まゆみ
あすなろ書房
売り上げランキング: 66,529

・関連記事
4月6日から自転車のルール違反を集中的に取り締まりへ、春の全国交通安全運動で | BUZZAP!(バザップ!)

静かな舞のように、祈る手のように、植物の花開く神秘的な瞬間を捉えたタイムラプスムービー | BUZZAP!(バザップ!)

不気味なほどに動物的で艶かしい、植物たちが芽吹き、花咲く様子を追ったタイムラプスムービー | BUZZAP!(バザップ!)

地上で最も乾燥した砂漠に雨が降り注いだら…息を呑むほど美しい楽園になりました | BUZZAP!(バザップ!)

干上がった荒野を埋め尽くす「蠍草」の美しすぎる一斉開花、ただし悪臭がひどい上にかぶれます | BUZZAP!(バザップ!)

全裸で自転車に乗っていた男性、「ヘルメット不着用」で違反切符を切られる | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加