5000年前のビールのレシピが中国陝西省で発見される

このエントリーをはてなブックマークに追加


Photo by clogsilk

5000年前、中国では既にビールが飲まれていました。詳細は以下から。

中国陝西省のMijiayaで、考古学者らが紀元前3400年から2900年前のビール醸造に用いる土器を発掘しました。出土した陶器や壺、漏斗などの残留物を科学者らが分析したところ、ビールが造られていたことが判明したのです。これは新石器時代の文化である仰韶文化の末期に当たります。

「私たちの発見が中国での最も早いビール製造の直接的な証拠になると思う。5000年前には進んだビールの醸造技術が確立していたことになる」と研究者らは述べています。

残留物からはデンプン粒とプラント・オパールが見つかり、ビール醸造に用いられていたことが特定されました。この科学検査によって、レシピにはキビ、ハトムギ、ユリ、ヤムイモ、カラスウリの根、そして驚くべきことに大麦が使われていたのです。

現代のビールでは大麦は必須の材料ですが、大麦が中国の中原に伝播したのはこの時代よりも1000年程度後のことだと考えられていたため、研究者らには大きな衝撃を持って迎えられました。西ユーラシア原産の大麦が中国で主食のひとつとして広く栽培されるようになったのは2000年ほど前のこと。

それよりも遙か昔からビールの原料として用いられていたということになりますが、これは大麦がビールの醸造技術とセットになって伝播してきたためと考えられます。

では、5000年前のビールは現代のビールとどのように違うのか?残念ながらレシピは分かっても、その味を再現するのは簡単ではないとのこと。ぜひとも当時のビールを味わってみたいものではありますが…。

なお、ビール自体の起源は古く、およそ1万年前にまで遡ります。大麦がメソポタミアやエジプトのナイル流域でも栽培されていたこともあり、当時からイラクやエジプトではビールが醸造されていたことが分かっています。

人類の黎明期から飲まれてきたビール。古くから思ったよりも広い地域で人々に楽しまれていたということになるのでしょうか?

5,000-Year-Old Chinese Beer Recipe Had Secret Ingredient

(Photo by clogsilk


仰韶(ヤンシャオ)文化の研究―黄河中流域の関中地区を中心に
王 小慶
雄山閣
売り上げランキング: 1,476,144

クーパーズ手作りビールキット
クーパーズ ブリュワリー社
売り上げランキング: 76,432

・関連記事
二日酔いしないビールが開発される!? | BUZZAP!(バザップ!)

まるで沸き返る濁流、ビールの伝統的発酵プロセスが圧倒的にダイナミック | BUZZAP!(バザップ!)

【衝撃】チェコ人美人モデルの女性器由来の乳酸菌を用いたビールが商品化? | BUZZAP!(バザップ!)

3000年前発祥の中国の古典楽器でスーパーマリオのテーマをあり得ないレベルで完コピする動画(効果音付き) | BUZZAP!(バザップ!)

雲が浮かび霧がたなびく、独自の気候システムを持った超巨大な中国の洞窟が圧巻 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加