世界3位のスマホメーカー・Huaweiに陰り、OppoやVivo猛追で出荷台数落ち込み



Samsung、Appleに次ぐ世界3位のスマホメーカーに上りつめたHuaweiが、苦戦を強いられつつあります。詳細は以下から。

台湾メディア・DIGITIMESの報道によると、足元の中国市場でOppoやVivoが猛攻勢を仕掛けていることを受け、Huaweiがシェア拡大を図るため、エントリーレベルおよびミドルレンジスマホに注力する方針だそうです。

中国国内での2社の猛攻に加え、海外市場向けのハイエンドスマホ出荷台数が予想を下回るなど、板挟みの状況に陥っているHuaweiは戦略の修正を迫られており、出荷目標を1億4000万台から1億2000万台へと下方修正。

一方でOppoおよびVivoの年間出荷台数は1億4000万台~1億5000万台へ伸びる見通しとされています。

8月9日に日本国内のSIMフリースマホやタブレット、そしてモバイルルーター分野の売り上げで1位に輝いたことを告知していたHuawei。今後は劣勢になりつつある足元を固めつつ、海外市場でのシェア拡大を目指すという、二正面作戦を求められることとなりそうです。

China market: Huawei adjusting strategy to protect domestic smartphone market

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】「iPhone SE一括1円」ドコモ、au、ソフトバンクのバトル継続中、本体のみ購入でも割引で128GBモデルも格安に
  2. 【速報】ソフトバンクがPixel 6 Proやバルミューダスマホ独占販売へ、5G対応AirやYoutube Premium無料発表、実質半額の「スーパーPayPayクーポン」も
  3. KDDI(au)が「新サービス発表会」開催、基本料0円の新プラン「povo 2.0」に加え、鉄道や繁華街での5Gエリア拡大、高速衛星ブロードバンドも
  4. 【速報】iPhone 13は初の「デュアルeSIM」対応、基本料0円のau「povo 2.0」契約で飛躍的に便利に
  5. 【速報】iPhone 13の5Gも「ミリ波(mmWave)」非対応でSub-6のみに、アメリカと中国の5G主導権争いに終止符か

モバイルに関連した楽天商品ランキング