GoogleがHTCのスマホ事業の一部を10億ドルで買収



HTCがスマホ事業の一部を切り売りすることが明らかになりました。詳細は以下から。

ロイター通信社の速報によると、GoogleはHTCのスマホ事業の一部を買収したことを発表したそうです。

買収額は10億ドル(約1124億円)で、GoogleはHTCの株を取得しないため、HTCがGoogle傘下になるわけではないとのこと。HTCは残ったスマホ開発チームで自社ブランドスマホを引き続き手がける可能性が残されているとされています。

世界初のAndroidスマホを手がけ、「EVO」シリーズなどでは業界の最先端をひた走っていたHTCですが、時価総額は現在19億ドル(約2136億円)にまで下落。それでもGoogleが「会社ごと買収しない」という選択をしたことは、ある意味切ないことかもしれません。

・11:55追記
Googleの公式発表によると、買収されたのは「Pixel」を開発していたチームで、HTCの知的財産に関する非独占的ライセンスも含まれているとのこと。なお、Googleは現地時間の10月4日にPixel 2とみられる製品などの発表を予定しています。

・関連記事
HTCのGoogleへのスマホ事業売却ほぼ確定か、「HTC U11」不振で過去13年で最悪の売上高に | BUZZAP!(バザップ!)

HTCやASUSにスマホ事業を揺るがす逆風、お膝元の台湾市場が中華スマホに完敗 | BUZZAP!(バザップ!)

SamsungがHTCを中傷する工作、学生を雇ってネガティブキャンペーンを展開 | BUZZAP!(バザップ!)

HTCのグローバル部門の責任者やプロダクトデザイナー、販売責任者が退職したことが明らかに | BUZZAP!(バザップ!)

止まらないHTCの先細り、ViveもGoogle Pixelも浮上策にならず | BUZZAP!(バザップ!)

Googleの新型スマホ「Pixel 2」はHTCが担当、Pixel 3は中国メーカーなども参入か | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. 【速報】Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も
  2. 【速報】「Xiaomi Pad 5」大きく値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用のハイエンドモデルさらに低価格に
  3. 新型「iPad Pro」や「iPad Air 5」「iPad 10」が大幅刷新されて2022年発売へ、Mac ProやiMacもモデルチェンジか
  4. Xiaomi「POCO X3 Pro」ほぼ2万円に値下げ、最新プロセッサや120Hzディスプレイ、4眼カメラ、大容量バッテリー搭載で格安スマホの決定版に
  5. Snapdragon 888搭載の格安スマホ「Realme GT」値下げで競合の半額に、120Hz有機ELや立体音響、ゲーマー向け液冷機構、爆速充電、マルチキャリア対応も

モバイルに関連した楽天商品ランキング