脳が侵略され記憶が翻弄されるRefik Anadolのインスタレーション「Melting Memories」

このエントリーをはてなブックマークに追加



絵画なのか彫刻なのか新しい何かなのか、ひたすらに幻惑されます。詳細は以下から。

トルコ生まれでロサンゼルスを拠点とするメディアアーティストのRefik Anadolさんの作品「Melting Memories」はデータペインティングとライトプロジェクション、そして拡張データ彫刻を融合させ、脳がいかにして記憶を呼び覚ますかをでモンストレートするもの。

4.8m×6mのLEDメディアウォールとコンピュータ数値制御によって生成された硬質発泡体によって形作られ、2018年にトルコのイスタンブールのPilevneli Galleryで展示されました。

作品の中では沸騰するような渦が表面を動き回り、波や花、砂のように形を変えていきます。以下から動画で閲覧が可能です。

Engram : Data Sculpture for Melting Memories from Refik Anadol on Vimeo.



Anadolさんはデータを生成するためにサンフランシスコのカリフォルニア大学のNeuroscape Laboratoryで実験を主導しました。ステートメントによると

Anadolは脳波の活動の変化を指し示す脳波図の認知のコントロールの神経メカニズムのデータを収集し、時と共に脳がどのように機能するかの証拠を提示する。これらのデータの集合体はアーティストがディスプレイ上での多次元的な視覚的構築のために必要とする唯一無二のアルゴリズムのための基礎的要素を構成する。


とのことです。Anadolさんのこれ以外の作品は公式サイトInstagramVimeoのアカウントからも閲覧することが可能です。いずれも脳がハックされるものばかりですので、時間を忘れながら見入ってみてはいかがでしょうか?

Melting Memories_ A Data-Driven Installation that Shows the Brain’s Inner Workings _ Colossal

メディア芸術アーカイブス 15 YEARS OF MEDIA ARTS

ビー・エヌ・エヌ新社
売り上げランキング: 399,132

・関連記事
1964年に世界で初めてメインフレームに絵画を描かせたデジタルアートの先駆者、川野洋を知っていますか? | BUZZAP!(バザップ!)

3年の歳月と8テラバイトを掛けて作られた、艶やかに蠢き花開く植物たちのタイムラプスムービー | BUZZAP!(バザップ!)

息を呑む程に死を想わされる、巨大な100個の髑髏の積み重なるRon Mueckの作品「Mass」 | BUZZAP!(バザップ!)

【貴重】北斎や広重に歌麿まで、2600枚の浮世絵と錦絵が無料DL放題 | BUZZAP!(バザップ!)

自宅に転がる日用品を宇宙船にリミックスしてみたら…こんなにクールなことになりました | BUZZAP!(バザップ!)

外国人映像作家が日本の美しい風景とCGの全裸男女の大群から作り上げた奇妙にして荘厳な短編動画「Time for Sushi」 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加