「Galaxy S9+」「Galaxy S9」ざっくりレビュー、夜景に強いデュアルカメラに立体音響のとんでもないモデルに

このエントリーをはてなブックマークに追加



2018年au夏モデルとして、「Galaxy S9+」「Galaxy S9」が発表されたので、レビューをお届けします。詳細は以下から。

まずはGalaxy S9+。6.2インチWQHD+(2960×1440)有機ELディスプレイにSnapdragon 845、6GB RAM、64GB ROM搭載の世界でAIされているフラッグシップスマートフォン最新モデルです。


背面には周囲の明るさに合わせてF1.5とF2.4を自動で切り替えられる「デュアルアパチャー(可変絞りレンズ)」対応カメラを搭載。1220万画素の標準、望遠カメラのデュアルカメラ構成です。


カメラには食事モードもあります。


AKG監修のステレオスピーカーによって音量は1.4倍になり、「ドルビーアトモス」による立体音響も楽しめます。


その実力はいかほどでしょうか。こちらのムービーで確かめられます。


S9+のデュアルアパチャー機能では、F1.5レンズによって暗い場所でも明るく写すことが可能に。


こちらは2017年夏モデル「HTC U11」。もう少しな感があります。


結構頑張っている2017年冬モデル「isai V30+」


しかしGalaxy S9+では、ここまではっきり写し出せました。


デュアルアパチャーの仕組みが分かるムービー。レンズの部分に注目です。


Galaxy S9+を実際に触ってみたところ。


こちらはGalaxy S9。S9+を小型化し、シングルカメラへと変更したモデルです。



Galaxy S9を触ってみたところ。


Galaxy S9+とGalaxy S9を比べるとこんな感じ。



スペックシート



・Galaxy S9+
ディスプレイ:6.2インチWQHD+(2960×1440)有機EL
プロセッサ:Snapdragon 845
メモリ、ストレージ:6GB、64GB
背面カメラ:1220万画素+1220万画素(望遠)
前面カメラ:800万画素
バッテリー容量:3500mAh

・Galaxy S9
ディスプレイ:5.8インチWQHD+(2960×1440)有機EL
プロセッサ:Snapdragon 845
メモリ、ストレージ:4GB、64GB
背面カメラ:1220万画素Dual Pixel
前面カメラ:800万画素
バッテリー容量:3060mAh

・関連記事
auが2018年夏モデル発表、初の「Xperia XZ2 Premium」も | BUZZAP!(バザップ!)

ソニー本気の「Xperia XZ2 Premium」正式発表、4K液晶にISO感度51200のデュアルカメラ搭載の超フラッグシップに | BUZZAP!(バザップ!)

ついにデザインが刷新された「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」徹底解説、一体どこが強化されたのか | BUZZAP!(バザップ!)

実はauが最速、下り最大速度をアピールする携帯各社があえて触れない「上り速度」を問い合わせて比較してみた | BUZZAP!(バザップ!)

【詳報追記】楽天に周波数割り当てで第4の携帯電話会社誕生、KDDIも待望の1.7GHz帯(Band 3)獲得 | BUZZAP!(バザップ!)

「AQUOS R2」「AQUOS Sense Plus」速攻レビュー、Androidスマホ1位になったシャープ渾身のモデルに | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加