5年ぶりのパナソニックスマホ「TOUGHBOOK P-01K」速攻レビュー、MIL規格を超えたタフネスさを実現

このエントリーをはてなブックマークに追加



「エッルウウウウガアアアアア!!」のCMが印象的だった「ELUGA X P-02E」以来となる、ドコモ向けパナソニック製スマホがドコモの2018年夏モデルとして発表されたので、さっそくレビューをお届けします。詳細は以下から。

TOUGHBOOK P-01K本体。100cmの高さから1000回落とす実験に耐え抜いたガチンコスマホで、基本的には法人向け。Snapdragon 210、2GB RAM/16GB ROM搭載と性能も高くなく、むしろ発熱を抑えることで堅牢性を確保している感すらあります。






背面はこんな感じ。


バッテリー交換も可能です。


MIL規格を超える頑丈製を目指した超タフネススマホ。確かに過酷な環境でのビジネスユースを想定したモデルとして最適だと思われます。




・関連記事
ドコモが2018年夏モデル発表、「Huawei P20 Pro」が目玉に | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが今度は「3画面スマホ」開発へ、独自企画スマホを毎年投入 | BUZZAP!(バザップ!)

日本初の「店内に足湯があるドコモショップ」に行ってみたら、地域密着型の取り組みに驚かされました | BUZZAP!(バザップ!)

「実質0円」すら根絶目指して総務省がスマホ割引規制強化、"総無能"の悪夢再び | BUZZAP!(バザップ!)

同性パートナーも「配偶者」認定、27万人超のNTTグループ全体で支援拡充 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加