幼い日の風景から、あの頃の香りまでも感じられるジオラマが作られました

このエントリーをはてなブックマークに追加



原風景を呼び覚ましてくれるジオラマです。詳細は以下から。

誰にでもある子供時代。それぞれの原風景が心の奥底に残っているはずですが、大人になってからそれを鮮明に思い出すのは容易なことではありません。

マレーシアのアーティスト、Eddie Puteraさんは自らの子供時代の風景をベースに、極めて精密なジオラマを作成し続けています。自分がそこに生き、育ってきた風景に少しのフィクションを織り交ぜながら、その時代を鮮明に思い出させてくれる情景が繰り広げられています。









日本とマレーシアの違いはありますが、同じアジアの風景ということで、日本人からしてもどこか懐かしさを感じます。アジアを旅した経験のある方は、いつか旅路で見た景色を思い出すかもしれません。

そんなEddie Puteraさんの作品は公式サイトから購入可能です。180~250ドル(約20000~28000円)という価格帯なので、好みのものを探してみてもよさそうです。

作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター
情景師アラーキー
誠文堂新光社
売り上げランキング: 7,752

・関連記事
天安門事件から25年を目前に、天安門広場を160kgの挽き肉で覆い尽くしたジオラマ作品を制作したアーティストが逮捕されていた | BUZZAP!(バザップ!)

とある写真家が魅了され、何年も撮影し続けた小さな街の驚くべき秘密とは? | BUZZAP!(バザップ!)

ひとりの男が16年かけて作り上げた、あまりにも壮大な世界最大の鉄道模型「Northlandz」 | BUZZAP!(バザップ!)

これは一見の価値あり、とてつもなく緻密な盆栽ジオラマを生み出す相羽高徳の世界 | BUZZAP!(バザップ!)

生きている木を生きたまま使ったオブジェ「Biotecture」の世界 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加