豪雨で本人確認書類を失っても携帯電話を契約可能に、総務省が特例



携帯電話の契約時にあたって厳重な本人確認が求められる中、問題となってくる「本人確認書類が災害で失われたケース」に対し、総務省が答えを出しています。詳細は以下から。

総務省|平成30年7月豪雨により本人確認が困難な場合の携帯電話契約の本人確認方法の特例

総務省の報道発表資料によると、書類が流出するなどして本人確認が困難な場合、本人からの申告に基づいて携帯電話の契約が行えるよう、特例を設けたそうです。

特例の有効期間は2018年12月31日までで、携帯音声通信事業者、媒介業者、貸与事業者が対象。あくまで一時的な措置であるため、通常の本人確認などを行うことができるようになれば、直ちに通常の本人確認などを行うことが定められています。

・関連記事
au、UQ mobileが平成30年7月豪雨の被災地支援でデータ容量10GBを無償提供へ | BUZZAP!(バザップ!)

auに続いてドコモやソフトバンク&ワイモバイルもデータ通信無料化、平成30年7月豪雨の被災者向けに | BUZZAP!(バザップ!)

総務省が携帯各社に行政指導、「2年縛り見直し」「MNPの円滑化」「MVNOとの競争促進」などが柱に | BUZZAP!(バザップ!)

備えあれば憂いなし、KDDI(au)の災害・通信混雑対策設備をひたすら撮影してみた | BUZZAP!(バザップ!)

あのドコモの通信網を支える「ネットワークオペレーションセンター」を見てきた | BUZZAP!(バザップ!)

非常時に設置されるauの携帯電話無料充電スポット、内部は一体どうなっているのか | BUZZAP!(バザップ!)

関西独自の取り組みも、ドコモが災害や通信が混雑する大規模イベントへの取り組みを公開 | BUZZAP!(バザップ!)

国内初お披露目、災害時に伝送路を補完するドコモのLTE対応「5G無線アクセスシステム」 | BUZZAP!(バザップ!)

まるで小型サーバールーム、なかなか珍しい携帯電話の車載型基地局内部を一挙公開 | BUZZAP!(バザップ!)

フォローして最新情報を手に入れよう

モバイルの人気記事

  1. ソフトバンク「Pixel 6a」24円に、発売初日から回線契約なしでも大幅割引き
  2. 「Xiaomi Pad 5」神値下げ、最新CPUに美麗な120Hz高精細ディスプレイ、立体音響採用の高性能タブレットが圧倒的な安さに
  3. 新型スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」値下げで3万円台に、格安なのに120Hz大画面有機ELや1億画素カメラ、大容量バッテリー、ステレオスピーカー搭載
  4. 【速報】大容量8GBメモリ搭載の格安タブレット「BMAX MaxPad I11」値下げで2万円に、十分な性能や高画質カメラでゲームにもビデオ会議にもナビにも使える薄型軽量SIMフリーモデル
  5. 楽天モバイルがiPhone 13など大幅値引き、携帯各社ぶっちぎりの最安値に

モバイルに関連した楽天商品ランキング