本日東証一部上場のソフトバンク、売り出し価格1500円が終値1282円で投資家に激震

このエントリーをはてなブックマークに追加



本日東証一部に上場入りを果たしたソフトバンクの携帯部門。しかし市場の評価は厳しかったようです。詳細は以下から。

Yahoo!JAPANが提供する株価情報によると、本日上場したソフトバンクの終値は1282円と、売り出し価格1500円を大幅に下回っています。

ソフトバンク(株)【9434】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス


株価の推移。始値(1463円)から特に跳ね上がることなくズルズルと値下がりし続けてしまいました。


先日発生した大規模な通信障害、Huawei製基地局を唯一採用してきた会社であること、PayPayの不正請求問題……など、今月に入って大きなマイナス要素が立て続けに重なった結果とみられる一連の値動き。

【復旧】ソフトバンクやワイモバイルで今年2回目の通信障害、「通信サービスがありません」と表示される報告多数 | BUZZAP!


AbemaTVが取り上げた約1億6000万円を投じて10万6600株を投資した男性に至っては含み損が2000万円を超えた計算になりますが、政府による値下げ強制などの逆風が続く中、はたして盛り返すのでしょうか。

・関連記事
【追記】大規模通信障害のソフトバンク、今度は「極端に遅い」と報告される | BUZZAP!(バザップ!)

携帯3社もHuaweiやZTE排除へ、使用中の機器も対象に | BUZZAP!(バザップ!)

【復旧】ソフトバンクやワイモバイルで今年2回目の通信障害、「通信サービスがありません」と表示される報告多数 | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加