5Gは中国・韓国主導へ、特許でドコモがキャリア首位もサムスン・ファーウェイが圧倒

このエントリーをはてなブックマークに追加



次世代通信において、アジア勢のプレゼンスが非常に高まることが確定しました。詳細は以下から。

株式会社サイバー創研が2月6日に発表した資料によると、5Gに必要な特許を取得しているトップ3はSamsung(8.9%)、Huawei(8.3%)、Qualcomm(7.4%)に。4~6位もLG(5.8%)、Ericsson(5.7%)、NTTドコモ(5.5%)とアジア勢が多くを占めていることが分かります。


特許数ではSamsungがトップですが、5G標準化への貢献度を示す「寄書の提案数」はHuaweiがトップ。Samsung、Huaweiが5Gにおいて非常に強いプレゼンスを発揮していることが分かります。


ちなみに特許取得数でキャリアトップとなったNTTドコモは、寄書の提案数においてもトップに。NTTが旗振り役を務めていることが分かる一幕です。

・関連記事
【コラム】日本政府がHuaweiとZTE排除を決定、国内キャリアの5Gに確実に影響も | BUZZAP!(バザップ!)

光学10倍カメラや5G、AI、超高精細ディスプレイも、スマホのハードウェア進化をHuaweiやXiaomiなど中国勢が牽引へ | BUZZAP!(バザップ!)

KDDIが5Gを2019年開始へ、分離プラン普及で通信収入減収も他領域でカバー | BUZZAP!(バザップ!)

ドコモが2019年春以降に通信料金2~4割値下げへ、9月に開始する「5G」投資額の2倍をユーザー還元に | BUZZAP!(バザップ!)

世界初の5GスマホはHuawei製で2019年6月発売、発熱対策が急務に | BUZZAP!(バザップ!)

このエントリーをはてなブックマークに追加

モバイルに関連した楽天商品ランキング